INICIO > Exposi. >
36-4
水 蓮

鈍った金色の光が水面に落ちる
運河のところどころに浮かぶ水蓮は
光の加減でぼやけてみえる
古い石橋を渡ると
それでも白い花だとわかる
修道院の門扉を開ければ
あたり一面金茶の花粉で煙っていて
おぼつかない輪郭の修道服が
あたり一面動き回る
ここも一夜の宿にはならぬと悟り
だんだん白さを際立たせる水蓮を前に
運河の端に坐り
もう何も考えるのが厭になって
ただ光の移動を見つめているのだ

Time To Time

36 - 4

前へ/Anterior
 intro.  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12 
 13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24 
 25  26  27  28  29  30  31  32  33  34  35  36 
次へ/Siguiente

Volver