INICIO > Exposi. >
36-2
電 話

044・955・2386
時々夜明けにダイアルを回す
かつてそうしていたように
数字は夜明けのトンネルを抜け
うつけた過去へと戻って行く
044・955・2386
トンネルの向こうは往き止まり
「もしも…し」
「この番号は現在使われておりません」
そう、この番号のかつての主は今隣で眠っている
夫という大きな脂身となって

「もし、も…し、」
何もあなたに不満がある訳じゃない
でもあの蒼く透んだ夜明けに
わたしでけ置いてきぼりにされて

得たものと失ったものを
失ったものと得たものを
わたしは夜明けに繋ぎなおそうと
ひとりでダイアルを回す
ツー、ツー、ツー、

Time To Time

36 - 2

前へ/Anterior
 intro.  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12 
 13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24 
 25  26  27  28  29  30  31  32  33  34  35  36 
次へ/Siguiente

Volver