HOME > 写真集 >
36-24
 別 離

運転手がブラインドを上げた
霧の中から飛び出す二本の線路が
胸を突き刺して過ぎていく
もう二度と乗らない駅から
いつもの顔して乗り込んだ
(わたしらしく)
二つ目の駅で乗り換えるつもり
(いつもどおりに)
霧さえ出ていなかったら
あるいは
ブラインドさえ上がらなかったら
わたしのニヒルなシーン作りも
100%完成していたのに
いまいましい霧の中で
ふいに線路に胸を刺されて
わたしはめまいを覚え
床に膝をついてうずくまってしまった

Time To Time

36 - 24

前へ/Anterior
 intro.  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12 
 13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24 
 25  26  27  28  29  30  31  32  33  34  35  36 
次へ/Siguiente

戻る