INICIO > Exposi. >
36-7
 ひとり遊び

難しい異国の詩を
わけの解らぬままに口にしながら
鵠沼の町を徘徊する
あの異国の詩人は
顔に蒼い蔭を宿していた

生け垣の内で
人々は子供を育て
子供は人々を育む
昼のソーメンが喉を通る時
ソーメンに命の糸を結ぶ
異国の詩人の蔭から
彼等は完全に守られている

今日は恋人の家の前も
通るのは止めよう

その代わりあの塀ごしの
夾竹桃の花を盗り
乾いて無臭で無彩な
自分の部屋に置き
異国の詩人を思いながら
ひとりで浅い眠りにつこう

Time To Time

36 - 7

前へ/Anterior
 intro.  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12 
 13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24 
 25  26  27  28  29  30  31  32  33  34  35  36 
次へ/Siguiente

Volver