INICIO > Exposi. >
36-28
 電 話

電話が鳴った
浴室のタイルにコップが落ちた
浴槽から出た足が破片を踏んだ
廊下に出て電話の所へつま爪先だけで走る
逢ってはならない恋人と
週末の計画をたてる
かかとから鮮血がほとばしる
体からそろそろ冷たい水が落ちる
赤い水溜まりが床に拡がって行く
床が少しゆがんでいるので
水溜まりは一定方向に移動する
床が揺れる
天井が揺れる
もう廊下一杯血の海で
恋人の愛の言葉を聞きながら
体がスローモーションで床に近づいて行く

Time To Time

36 - 28

前へ/Anterior
 intro.  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12 
 13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24 
 25  26  27  28  29  30  31  32  33  34  35  36 
次へ/Siguiente

Volver