INICIO > Exposi. >
36-25
 石廊崎殺人事件

史郎は俊夫が死ぬべきだと思う
俊夫は早苗が死ぬべきだと思う
早苗は三人で死にたいと思う

今日は楽しいドライヴです
春のうららの石廊崎まで
冬から計画して今機は来たり

運転手は俊夫
助手席は早苗

史郎は後席で
サヴァイヴァルキットの手入れ中

春のうららの石廊崎で
早苗は三匹の魚を夢見ている
銀の鱗を光らせて
沖へ泳いで行って戻って来ない魚たち

三人はそれぞれの思いに
なぜか嬉しそうにほほえんでいる

Time To Time

36 - 25

前へ/Anterior
 intro.  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12 
 13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24 
 25  26  27  28  29  30  31  32  33  34  35  36 
次へ/Siguiente

Volver