INICIO > Exposi. >
36-16
 時 季

野ガモの群れが
北を指して翔んで行く時
大きな柔毛の犬と
小さなわたしは
ほほを寄せあって
空を見ていた
—君も昔鳥だったの?
この時季になると
昔翼の生えていたところが
むずがゆかったり
チクチク痛んだり

—だけどどこへも行けない
—今はどこへも行けない
翼も
それから愛も勇気も力も無いから
小さなわたしは大きな犬の瞳にいつまでも映っている
野ガモの三角形の影を見ていた
自分と犬の翼の跡を片手でさすりながら
野ガモの影を追っていた

Time To Time

36 - 16

前へ/Anterior
 intro.  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12 
 13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24 
 25  26  27  28  29  30  31  32  33  34  35  36 
次へ/Siguiente

Volver