HOME > 写真展 >
台北発東京/De Taipei a Tokio

序 文

台湾の民生報という大手新聞社のカメラマン記者をやめ、以前から興味のあった日本に、勉強の為に私費留学しようとやってきたのが黄 承富(ホァン・ツェンフー)氏。
 たまたま私の個展「MY COMPANY」に来ていて知り合ったのが1989年。同じ歳で誕生日も2日違いで身長も同じ、仕事も同じとくれば、仲良くなるのにそう時間はかからなかった。
 お互いになにかやろうと云う事で、私の住む東京を彼が撮り、彼の住んでいた台北を私が撮ってでき上がったのがこの「台北発東京」。そして翌年に台北にて数点入れ換えて「差異視点」として開催。
 各半切25枚の計50点出品。ここでは黄氏の写真を紹介。
 私のは「差異視点」の方に掲載。

1990年7月記

台 北 発 東 京

新宿オリンパスホール 1990年7月25日〜8月7日

 南方、一つ暖かい都市とは、台北だろうか?
 私は台北からの方です。
 北方、一つ冷たい都市とは、東京でしょう!
 一年前、知り合った健サンは、東京人して、いま、埼玉に住んでいる、昔の東京人だと思う。
 健サンと知り合った頃、両方が通じる言葉は、写真しかない。
 日本語、分からない、中国語も、全然。英語、どうかな?いい GOODだけ、しょうがね。
 本当ですか?写真は言葉といわれる?
 違うかもしれない、健サンと写真をテーマとして相談するとき、誤解、偏見など気持も出った。

 健サンは3回台北に行ったん、「台北は良い所でした!」言った。結局、ウーン、いいGOOD、本当?誤解かな。
 東京ね、冷たい過ぎ、偏見かい?
 「台北発東京」というテーマ、旅人の写すといえる。
 僕に対して、1988年初秋来日、遊学から、在日ジャーナリストとしてを経って、東京という所に言えば、冷たい人間関係の都市じゃないの?自分自身の深く感じによって、写真で受ける感覚を描いて行きたい。

 台北に対しては、また、どうですか?
 交通混乱、有情都市、又は、知らない所・・・健サンの台北で撮った写真を見ると、どんな感じを生きるの?・・・・・誤解とか、偏見とか、写真で説明するよ。いいかい!?
 健サン、水掛け論をやらないよ。

黄 承富
introduction   1   2   3   4   5

戻る