INICIO > Exposi. >
Time To Time 1993-1995
Time To Time 1993-1995

 広場へ行く

最前の乗車専用ドアから入って来て
「広場へはこの市電でいいのか」と聞いた
通り過ぎて行くときに
湿った草原の匂いがした
ターコイズブルーのコートを着た青年だったようだ
鏡越しに運転手が
目で私に合図を送った
広場で羊がゆっくり降りて行った
走り出した市電から見ると
ターコイズブルーのコートが歩いていた
市電が左にカーブして
広場を回るように走るので
もう一度見ると
濡れたように光る敷石の広場を
歩いて行く羊が見えた
誰もいない車両に
まだ湿った匂いが残っている

 1234567

Volver