チェーン

 タイヤチェーンを買った。
 ご存知のようにそのタイヤに合わせたサイズがあるので、車を買い替える度にチェーンを買っている。 おまけに首都圏在住なのでチャーンを装着しなければならないほどの積雪は殆どなく、またスキーとかもやらないのでチェーンを買っても使うのは1回あるかないかでスペアタイヤよりも出番がない。
 それでも保険のつもりでジャックアップ不用という2,500円ぐらいのを買った。
 お洒落感で言えばスタッドレスタイヤが良いのだが、私のような者には「猫に真珠」かもしれない。雪国などの人達がこの時期になるとスタッドレスに換えたりする冬支度をちょっと羨ましく感じたりもする。

 最近のチェーンはいろいろ装着とかへの工夫をこらしているのでその装着方法にも個性があるので、予行演習にて玄関先に停めてある車の装着してみた。
 説明書には慣れれば5分でできますと謳っていたが、慣れないと何分ぐらいかも記して欲しかった。片方だけで15分ぐらい格闘してしまったが、あ、なるほど、確かにジャッキアップせずに簡単に装着することができた。10mぐらい走って再調整すればOKな感じだ。
 安い故か微妙にもチープ感が漂ってはいるが、首都圏内数kmも走らないから十分である。

 寒い屋外での作業、片方装着できたのでこれで十分と戻るもたったその15分で風邪を引いてしまった。花粉症のように鼻水ズルズル。薬飲んで寝よっと。

BABYMETAL

BABYMETAL

 80年代前半までの昭和って、「いい年した大人が」に続いて、アイドルなんて聴くな、みたいな風潮が幅を利かせていて、漫画なんて読むな、チャラチャラした格好なんてするな、などもあった。
 今に至ってはそんな風潮は幸いに絶滅してしまった観があるが、そんな風潮が少なからずインプリンティングされてしまっているのでアイドルのCDを買うのにはとても勇気が必要で、高校生の時に書店でエロ本を買うぐらいの緊張感があり、アイドルのCDを買ったのは、悲しいか篠原ともえの「くるくるミラクル」だけである。

 そんな中、禁断を破るように2枚目のアイドルCD、BABYMETAL のをポチッしてしまった。
 今だ少し後ろめたさが残っているのか、モニターからポチッする時、人目を気にするようにちょっと後ろを振り向いてしまった。アホである。さすがに新品1,680円は躊躇してしまい中古1,000円のにした。
 サブタイトルに「来日記念限定盤」とあり、なかなかユーモアがある。ダンスユニットと称しているのでDVDとかで見た方がより良く、音源だけだとボロが目立ってしまう心配があったが、ちゃんと音作りをしているので違和感なく聞くことができた。
 代表作の「ギミーチョコレート」は良いけど、他の曲はメタルサウンドよりアイドルサウンドが強く、曲によってはアキバ48の柏木ネーチャンが歌っていたとしても分からないのもあった。また、ガチなメタルは難しいのか、歌っている時はアイドルソング風で間奏はメタルという2曲を混ぜ合わせて1曲にした感じ。
 
 秋本グループに追従するぐらいの人気があるようで、娘に「BABYMETAL知っている?」と聞いたら「聞いたことあるよ」。後日、「とーちゃん、とーちゃん、クラブの先輩がブログで『うちのオヤジ、BABYMETALのファンなんだ』と言っていたよ」。その先輩が好きになった。そしてそのお父さんと一杯やりたくなった。

 iPhoneにBABYMETALを入れてガシガシ車で聞くとね。

お洗濯

自室のテラス

 今日は寒い。風がないのに寒いので気温が低いということで、天気予報を見たら夕方で4度。
 快晴とは言え10度以下になれば、陽のあたらないベランダに洗濯物を干しても乾くのは年明けである。
 で、私の部屋に干せば良いことに気付いた。5畳ぐらいの狭い部屋なのですぐ乾く。だいたい2時間から4時間。扇風機をかければもっと早く乾くのだが寒いから嫌だ。
 以前は印画紙を吊るして乾燥していた自室工房が今や吊るされた洗濯物で一杯の乾燥室になってしまった観がある。濡れた服の乾き初めは当然水蒸気が出るので窓が真っ白になり、北国の民宿でこたつに座って窓を見上げているような感じで、ちょっとした旅情が味わえるのがせめてもの救いかも。
 普通ならスキーのロッジとかを思い出すのかもしれないが、私はスキーをやらないので、山形とか群馬、新潟の温泉民宿辺りを想起する。

 ヨットパーカーがなかなか乾かなかったのだけど専用ハンガーにてそれが解決したが、今度はゴムの入ったトレーナーやジャージがくせ者となり、ゴムの部分が乾かずしぶとい。ヘタをすると寝るまで干していてやっと乾く感じ~。

スマフォ良いねぇ

 別にパソコンでも良いのだけど、痛風に良い食べ物悪い食べ物が詳細に載っているサイトがあって、良く行く回転寿司の「はま寿司にて、それをチェックしながら皿を取ったりパネルから注文した。
 端で見れば、スマフォ見ながらチェックして注文したりとかなり奇異な感じがするかもしれないが、一応のプリン体含量チェックだ。

「尿酸値を下げる!痛風克服サイト」
http://痛風と尿酸値.com/column/food_list.php

 で、このサイトでの含量リストを見ると、白身か川魚しか食べられない。私の好きな赤身や光り物はたいてい高目だ。ただ、重さは100g換算にて一日400mg摂取を超えないようにとのことだ。
 一番危ないカツオは212mg/100gの数値だが、一貫でのカツオの刺し身の重さなんてだいたい5g未満だ。2貫だから10gとなり1皿21mgになり、20皿食べたとして一日の許容摂取量になる。
 年齢的に10皿が限度だが、他の食事と合わせることを考えると、5皿ぐらいそういのを食べて後はタマゴとかカッパとかになる。
 エビになるとよりカオス状態となり、クルマエビ、大正エビ、シバエビはNGだが、ボタンエビはOK、訳分からなくなる。カニはOKだけど、個人的には寿司とカニは合わないので頼まない。
 アサリは高目でハマグリはOK・・・結局、好きなものにNGが多い。
 上記サイトを見ると、肉は良いのだけど、より安心そうな鶏肉が高めでササミや手羽は要注意数値。

 ただ、こういうのを見ていると途中で何が何だかどうでも良いや、のレット・イット・ビーかケ・セ・ラ・セラになったりもする。
 こんちくしょーなのは、生ハムが意外と高目なのだ。スペイン、行けないじゃないかい。

 台湾からの帰国日にワイン2/3を飲み、翌日にチューハイ4杯飲んだら、微妙にリーチ状態が1週間続いた今日。スペインの友達エヴァが先に逝ったのでちょっと飲みたいよね、と目標ワイン1/3、あり得ないので2/3。明日重労働的な仕事なんだけど効果?が出るのは明後日だから、ま、いいか。

エヴァ逝く

 10月半ばにスペインの友達ホァキンが亡くなり今年はこれで打ち止めだ、と願っていたが、昨日、妹のエヴァが亡くなったと、その兄からメッセージがあった。いずれも私が勝手に第二の故郷と称しているスペインのグァディックス町(Guadix)出身で、知り合ったのがお二人とも1986年、初めて外国へ、初めてスペインへ行った27歳で、彼女はまだ高校1年生の時だ。
 兄と同じくグラナダ大学へ進み美術を専攻し、マラガで絵画やデザインの教師をしていた。
 
 90年代の拙作「MY COMPANY」にもご登場願い、写真展後、その半切の写真をマット付きで送った事があるが、数年前facebookで再会し、今でもちゃんとあるよ、とその写真を持った彼女の写真をアップしていた記憶が今でも鮮明である。

 カミさんもエヴァに会ったことがある。
 30年くらい前の新婚旅行にてグラナダに住んでいた家族を訪れ、エヴァが作ってくれたカナッペをワインと一緒に食べたとのこと。覚えていないな・・。みんなでテレビを見ているところでエヴァが「ケン、何か見たいのがある?」。スペイン語が分からなくても分かるバラエティとクラシック音楽とオペラ等をやっていたけど「エヴァの好きなので良いよ」と言ったら、オペラにチャンネルを合わせた。見たらなかなか面白く、初めてルチアーノ・パヴァロッティを知り、近くの百貨店エル・コルト・イングレスで上下のカセットを買って家で良く聞いていた。
 すげーな、スペイン人、チャンネル選びにバラエティ番組とオペラ、クラシックが同位になってしまう。日本ならまずバラエティだろう。カミさんと二人で感心しきってしまった30年前の話。

 そんなに多くないスペイン人の友達なのに、神が許した友達はこれで5人になり、もしかすると此岸にいる友達の方が少ないかも(涙)。

「MY COMPANY II」のエバ
http://www.accitano.com/doc/Exhibiciones/Solo/MyCompany/?lang=J&num=1&vol=MC2

 こんなに多いと「おまえも早く彼岸に来いよ」と言われているようだ。いずれは行くと思うが、行った人達への心の整理がついていないところがある。叔父と台湾に行っていた昨年の9月からを入れれば、身近な人では6人で、高齢の田舎の従兄弟と母を省けばみんな癌で、事故はなし。今年はすげーなぁ、自分の今後の生き方への教訓とも言える。
 今度、スペインへ行く時は、友達と再会とかではなく、墓参り巡りだろう。