研いで磨ぐ

 この間は、包丁を研ぐ、今回は米を磨ぐ。
 同じ「とぐ」でも漢字が違うのね、日本語は難しい。

 午後から仕事でも、中年は何故か8時ぐらいに目覚めてしまうのだ。
 やることないから中国語を勉強するも3時間もやれば飽きてしまって、腹が減る。
 そういう時はかみさんが炊飯をセットして出かけてくれるのだけど、たまたまセットし忘れていた。
 携帯で電話して「どうやって飯を炊くんだ?スイッチが多くて分からんよ~」
 「米のある場所は分かるよね。そのまま米と水を入れて、適当にスイッチを押せば大丈夫」
 「おい、米は磨がないとダメでしょ」
 「今のうちにあるのは無洗米だから、そのまま入れてOK」
 「・・・・」

 無洗米という言葉は知っていたけど、洗剤を入れて米を磨ぐ女性がいたと聞いたので、そういう人達の為に敢えて無洗米と冠していたと思ったら、そうじゃなくて「磨がなくて良い」。
 生を受けて52年、磨がなくても良い米を初めて知った。すげー、カルチャーショック。でも嬉しいカルチャーショック。

 ほぉ~、それじゃ起きたらそのまま炊飯し、でき上がったら中身をじゃもじでほぐして放置プレイ。
 3時間語にはちょうど良い温度になる。熱くてフーフー言いながら喰う飯なんて美味くないでしょ。

 冷蔵庫には私の大好きなマルシンハンバーグがあった。
 大好きなんだけど、これは弁当用だな。
 卵焼きは、この間の夜はトルティージャ、今は昼間なのでオリーブ油じゃなくてサラダ油。
 刻んだハムと麺つゆを入れて「和風ヤング卵焼き」←めちゃくちゃドン引きネーミングだ。でも、味はグーッだよ。

 最近、自炊にハマっているなー。
 カーちゃんに逃げられた中年オヤジの予行演習か。
 みそ汁のダシは、こんぶだしが一番~!!

牛刀

 久しぶりに包丁を研いだ。
 手入れをしていなかったので汚れまくり切れなさすぎ〜。

 学生時代の4年間埼玉の越谷市にある喫茶&パブで働いていて、キャベツの千切り、グラタンとカレールーの仕込み、そして包丁研ぎは良くやっていたので懐かしい。

 写真の一番上と下のを省く3本は、築地杉本の包丁。
 良く取材で行っていて、その度に親切なおやじさんから頂いて3回目は最同じ長い牛刀を貰ったので小さなペティナイフ(写真下から2番目)を買った。
 中央のはサビにくい特殊合金鋼を使用しているのでいつもピカピカだけど、通常の包丁の方がどことなく色あせやすいけど切れ味は良い。
 最近の砥石は便利になって二色アイスのように粗削り用仕上げ用の両面で分かれている。

 研ぎ方のコツは、研ぐ前に砥石を洗剤で洗い少し水に浸しておく。
 研いだ間際の包丁面はすぐ空気に触れて酸化しやすいので洗剤で洗った後にサラダ油を浸したティッシュで拭いて軽く油面を作っておくのが良い。
 理由は分からないけど、その後実際に使う時には洗剤でその油を落とせばそのまま通常放置でOK。

 研ぎ具合は指の腹を刃先に乗せて軽くザラつく感じだとOK、ツルっと滑るのは研ぎ不足。
 より詳細な研ぎ方はサイトを検索すればたくさんあるのだけど、要はたくさん研いで慣れる、というのが実際かも。

 写真一番下のは初めてスペインに行った1986年のGuadix町で買ってきたもの。
 まだスペインもECに加入していなくて当然通過はペセタ、裏通りの小さな包丁店にて「ええ、これが150円?!」とびっくりしてすぐ買った記憶がある。
 スペインもまな板を使って調理はするが基本は手で持って起用にカットしてゆく。
 でもこれステンレス製。ま、千切りや細かい切り方をしないスペイン料理だからこれで良いのかも。ステンレスの包丁は研ぐ努力と切れ味の結果があまり比例しないので、適当に刃先を研いで終り。
 
杉本包丁のサイト

私が貰った210mmの牛刀
わおー、12,200円もするんだ・・リンク貼って宣伝しよっと。

日曜日

 カミさんは朝から法事、娘は近所の高校の文化祭にお友達とでかけるので早朝からその準備のうるささで起こされた。

 過日のような暑さはないけど、やはりまだ暑い残暑の日曜日。
 頭部の寝汗がすごいのでいつも枕にタオル2枚。←病気か?
 それでもかなり濡れていて、毎日枕を日の当たる場所に置いて乾燥。

 暑いからクーラーを入れて中国語のお勉強。
 一番嫌いなヒアリング。
 通しで聞くのは1~2回ぐらい、それ以上だと飽きてしまう。
 フレーズごとに何回も何回も聞く・・それでも飽きてしまってMacBookのキーボードに手を乗せたままZzzzz。
 内容と言っていることが分かっているのを、一つ一つ単語を確実に聞き取るために何回も聞くのは苦痛だ。

 おまけに中国語は日本の漢字でいうところの音読みの連続だから、ちゃんと聞いても意味不明の宇宙人語だ。
 スペイン語とかだ百人一首じゃないけど、シムルタ・・、フランカメ・・と言っただけで後の言葉は予想がつくけど、中国語だと、ジンチュ、チャジュリーチャンシャンファ・・ナンだろう?状態。
 ま、そういう言語を勉強しようと思った自分が悪いのだけど。

 ヒアリングはダレながら集中して3時間がいいところ。
 でも今日のは中国茶についての文章だったから、ま、面白かった。他のはことわざ「矛盾」とかetcで、聞いていても面白くない。

 中国のお茶って全然知らなかった。
 北方はジャスミン茶、上海南京辺りは緑茶、福建省広東省辺りはウーロン茶を好んで飲むようだ。
 それぞれ製法とかが違っていて、ジャスミン茶は紅茶と緑茶を原料にして薫す。
 緑茶は日本と同様発酵させず、ウーロン茶は半分発酵させて乾燥。
 ウーロン茶が一番保存性が良いみたいで、緑茶の龍井茶と紺碧螺春茶というのが高級銘茶みたいだ。ふーん。
 飲み方もあって日本と似ていていろいろプロセスごとの取り決め?があって面倒そう。

 ヒアリング飽きたので、中国語教室の宿題レポートを書いて飯食って午後はweb更チン~、かな。

キーボードの清掃

 なるべく注音符号で打とうとシールを貼ってやっていたが、やはり「あいうえお・・」順に並んでいる配列は多少は覚えたのだけどやはり打ちづらい。
 その前にキーに貼ったそのシールがズレてベタベタしてきた。

 注音符号は、その符号を打つ時だけにし「キーボードビュワー」で確認すれば良いとしてのキーボードの大掃除。
 確か前回はストーブの前でキーを乾燥していた記憶があるので昨年の11月頃。

 まずベタついたキーをシンナーで拭く。意外と溶けないもんだ。
 メガネ屋の店先に置いてある超音波洗浄器(ヤフオクで1,500円)に入れてジジジ・・・。
 マジックリンで薄めたお湯の中に入れてガシャガシャ → 放置
 洗ってタオルで拭いて乾燥。
 裏返しに並べて、前回教えてもらったキースムーサー(スムースエイド)をペタペタ。

 

 キーボードのカバーを外す。
 中身の裏側には同サイズ同色のシールが貼ってあるのでそれを剥がす。
 剥がすと無数のネジがあるので外す。

 

 シート基板も外し、裏返すと小さなおっぱいのようなクッションがキーの数だけ入っている。
 それぞれゴミを取って洗って元に戻す。

 今回は幾つかのキー印字を書き直した。
 アルファベットの上の横に並ぶ数字キーのシフト等を押した時の記号が合っていないからだ。

 1~5はそのままだけど、6~0がズレていて、さすがに全てをブラインドタッチはできないのでついキーを見てしまって、あ、間違えた。
 & / ( ) = と記されているが、実際は / & * ( ) 、特に ( と ) は1つズレているので打ち間違いやすく、PHPとかで、何でエラーなの?がしばしば。

 キーの文字を消すのは私レベルでは至難の技で、これはレーザー印字とかなのだろうか彫刻刀で削ってもなかなか消えなかった。
 ミニルーターで刻字したけど見た目は無視、その記号が分かれば良いという感じ。

 半角英数字はスペイン語になっていてキーボードもスペイン語なのになんで記号の位置が違うかというと、日本語で立ち上げているから。
 スペイン語で立ち上げれば問題ないけど、そうすると日本語のソフト、特にアドビ系の機能が使えなくなってしまう。

 一番劣化するのはキーのクッションゴムだと思うけど、2002年製のこれはまだなんとか元気だし、ダメでも同機種のから入れ換えれば問題ない。今のうちジャンク風のをゲットしておこうか。

 掃除は半年に一回ぐらいがベストかな。

定期購読

 もう10年ぐらいMacPeopleという雑誌を定期購読していた。
 他のMac雑誌に比べトラブるシューティングや隠し技などの情報が満載で面白かったのだけど、やはり編集部が変わると内容も変わるのか単なる情報誌的になってきたところに、最近はiPhoneやiPad/iPod情報ばかりになってきたので、やめちゃおう~。
 http://www.fujisan.co.jp/ から定期購読解除。

 でも、こういうサイトの通販は安い。
 MacPeople 780円が送料込で715円になる。
 以前は書店で買うのが習慣的に良いと思っていたけど、今は届けてもらうのが楽になった。これじゃ書店は儲からないかも。

 渡りに船&替わりに、月刊「中国語ジャーナル」が初級~中級には良いよ、と勧められたので定期購読しようと思った。

http://shop.alc.co.jp/spg/v/-/-/-/J1/
 おお、会員になると安くなるんだ、ラッキ~。
 で、会員登録して定期購読を申し込むと、あれ、15,351円になっている・・カード打ち込んでしまったよ。
 翌日電話をしたら、単にサイト会員とは別の会員になる必要があり(年間6,000円)、または2年目からの継続から安くなるとのこと。
 ALC出版は中国語関連で良くみかけ2冊お世話になったことがあり悪い印象はないのだが、
 「済みません、なんか騙された感があるので別なところから購入するのでキャンセルしてください」と言って、結局上記のフジサン.co.jpというイケてないネーミングのサイトから定期購読を申し込んだ。