ささやかな読書~。

「最近読んだ本で面白いのはどんなのでしたか?」「1ヶ月にだいたいどのくらい本を読みますか?」なんて聞かれたら、穴があったら入れたいじゃなかった入りたいぐらい恥ずかしくらい読んでいない。
 「バガボンド32巻まで読みました!」なんて言ったら笑われるだろう。

 実際、2008年10月から今年4月までの1年半の間に読んだのは、たったの2冊、柳田理科雄さんの「空想科学読本6~7」。この1年半は真面目にも電車の中でも中国語の教本とかだったのでほんと本って読まなかったぁ。

 昨夜、枕の先に手を伸ばしたら藤原伊織さんの「ひまわりの祝祭」というのがあって、読もうと思って買ってその辺に投げっぱなしにしていた一冊だろう。それともカミさんが買ったのかな?
 藤原伊織と言えば「テロリストのパラソル」が有名だけど、この「ひまわりの祝祭」は受賞後の第一作だそうだ。
 博報堂の逢坂剛氏と電通の藤原伊織氏というところで、お二人、仲が良いと逢坂さんの本の後書きに記されていたけど、何年か前に病気で他界してしまった藤原伊織氏。

 久しぶりに寝ながらペラペラと藤原ワールドへ。「テロリストのパラソル」「てのひらの闇」に続いての3冊目だ。
 やや汗ばむ春の夜の寝床での娯楽ハードボイルドミステリーはなかなか心地よい。やはり寝ながら読む本は良いな。が、寝ながら読むとなると、かのiPad、なかなか難しそうだ。

FOTOLUSIO

 ちょこっとだけサービスサイズのプリントが必要になったけどDPEショップで待つのが嫌だ!
 で、気付いたのがコンビニやスーパーの一角にポツンと置いてあるデジタル自動現像機。
 近所のスーパーに置いてあったのがFOTOLUSIOという名前の赤い機械。DNP(大日本印刷系列会社)の機械のようだ。

 サービスサイズ1枚30円は割高な感じがするけど、1分ぐらいでガツガツと数枚プリントできてしまうのは良い。
 クオリティは気にしちゃいけな。このレベルだとインクジェットのクリスピアとかの方が良かったかも。ただ、どうもなぁ、インクジェットでプリントアウトすること自体が何故か面倒に感じる。

ウエディングでコンデジ

 「従兄弟の結婚式」というのが定番と思っていたら「従兄弟の長男の結婚式」という年齢になってしまった。
 その結婚式、五月晴れGWの今日、飯田橋のエドモンドホテルにて。

 「おじちゃ~ん、久しぶり~♪」とその従兄弟の長女。そのおじさんは私のことだ。
 「おじちゃんからもらったデジカメずっと使っていたのだけどとうとう壊れてしまった~、ごめんねー」
 「私がカラーリングしたやつで、液晶画面に傷みたいなのがあるけど要る?」
 「わー、とっても可愛い~!ちょうだい」
 「いいよ、後で送るね。ところで良い人できた?」
 「ぜーんぜん」
 性格が良くてとても可愛い長女で今年27歳。菊川怜と藤原紀香を足して2で割って体重を2倍した感じだね、と言ったらその長女から不思議にもお叱りをうけた。

 その従兄弟には昔いろいろお世話になったので、その息子達へのこのくらいのプレゼント、恩返しにもならないくらいだ。
 そのFinePix F40fdは、例のデジカメ本を出版した時にスポンサーとして富士フィルムから頂いた思い出のカメラだ。
使わなくなって捨てる時は着払いで送り戻してちょうだい、というやつ。

 さて、次に何を買うか、結構迷った。
 リコーのGRシリーズにかなーり食指が動いていたのだけど、先日AFスピードを比べる機会があったのだが、確実にFinePix F40fdの方が早かった。リコーは愛用者が多く、ハイエンドコンデジのキングと思ったいたのだけど意外~。
 結局はAFタイムラグのないダントツFinePixだ・・が、ラインナップがたくさんあって???

 F200EXRは発売中止で、最新現役のがF80・・なんで数値が下がるのでさう?発売中止ならF70もあって、200も70も在庫的に価格コムで売っている。
 200、70、80が、それぞれ20,000円、16,000円、27,000円と売っていて、何が違うの?
 1000万画素か1200万画素か、または5倍ズームか10倍ズーム・・・微妙に細かい。毎度のECカレントにて価格の5%をプラスすると5年間の延長保証が付くというので、1200万画素、10倍ズームの現役F80EXRにした。色はワインレッド。

禁煙

 中国語だと「戒煙」とかいうらしいけど、かの禁煙グッツの1ヶ月のパイプが今日終わり、途中ながらも今朝の朝一番から禁煙突入。

 3/12付けの、http://www.accitano.com/blog/?p=237

 以前、マジで禁煙したことが1度だけある。
 飲み屋にてナカジマさーん、というくだりで、だいたい1週間~10日間で体の中のニコチンは抜けます。その後の精神的な習慣性からの脱却がポイントになりますが2ヶ月超えると、どうでも良くなりますよ、キッパリ。
 と言われたので、3ヶ月まで我慢したけど、3ヶ月目、やはり煙草が吸いたい気持ちが強かった。
 これはぶっちゃけて言えば、健康どうのこうのと言うよりも「こういう嗜好品が大好き」という本能なのだと思い、気にせずスパーを再開したのが数年前。

 今回もちゃんとした禁煙をするつもりはないけど、煙草が値上がりするのと、もう一つやはり無意識なダラ吸いがあるので、一度断ち切ってから、食べ物の嗜好ぐらいまでになれば良いというのが目標。
 ケーキが好きだ、焼き肉が好きだ、と言っても、毎日じゃ飽きるし、あるタイミングにて摂するとより美味いな、と思う感じと同じように。
 でも、煙草に関してはまずは断ち切ること。

 昨夜の今ごろから始めたのでほぼ24時間が経過した。
 上記URLでの通販、離煙パイプの効用は、最初全く期待していなかったけどそれなりに効果的なのにびっくり。

 まずスタートに個人差があって、たいていは1本の煙草にニコチンが10という単位の煙草を吸っていて、それを1ヶ月かけて0.1にするというやつ。
 でも私は最初から0.1なのでそのまま1ヶ月経つと、つまり昨日の段階でパイプ利用での喫煙とは言えども、ニコチンの摂取量は、吸っていない人とと同様の0.05以下になるとのこと。
 つまり、吸わなくても吸っている人の側にいるという感じのところの摂取量・・・え、0.05なら大騒ぎすることないじゃん。
 空調の関係でモロに吸ってしまったのなら単に「ケムい」と言えば済むことで、健康云々を持ち出すこともないと思う。

 このグッツは説明書にも記されていたけど支援グッツで絶対ではない。
 でも、これ13,000円分、あるな、と思ったのは、何もなしに禁煙した時の最初の1~2週間はとても辛く「煙草吸いたいなー」という要求を体全体から発していて、結構辛かったけど、この離縁パイプを利用すると強い禁断症状があまりない。
 もちろん吸いたくはなる。
 ちょっとした時にふと・・・あぶねぇあぶねぇ・・、でもこの離縁パイプの大したもんだな、と思うところは、無理して最後の31日目のパイプを1日で終える必要はありません・・と記されている。
 そのまま煙草を吸ってしまうのは絶対的にNGだけど、日程に沿って利用しているパイプならその時点で休憩して数日それで吸っても問題ありません、となかなか親切だ。
 でも、それはちゃんとした禁煙行為ではなく、プレ禁煙準備期間とのこと。なるほど。

 さて禁煙24時間を過ぎたところだけど、私の誕生日まであと5ヶ月弱。
 それまでに1本でも吸ってしまうか禁煙を通すか、10,000円でどうでしょう?
 10人なら10万円、おおお、気合いを入れて禁煙するけど、1人なら交渉不成立でスパ~とか??

Capture NX

 rawデーターは、そのメーカーが提供するraw現像ソフトが一番、というのを遵守しているが、NX for Nikonは遅いなぁ。キャノン or Windowsと比較したことないけど、おそらくWindowsの方が早いだろう。
 仕方ないときはPhotoshopだけど、なるべく時間が許す限りNXでやっているのだけど、それにしても遅い〜。
 これでD3xを買ったらどうなってしまうのだろうか・・買えないけど。

 最近では他社の現像ソフトが元気だったりして「NXより○×は良いですよ」なんて勧められるのだけど、その勧めた人の写真展会場でそれを聞きながらその人の作品を見ると、えええ、これじゃぁPhotoshopでもなんでもえーのでわ?というのだったりして、何が良いのだか分からなくなる。

 NX2のアップグレード版が10,000円で出ているけど、保証付きPhotoshop CS4よりもダントツに早いのなら10万円でもすぐポッチするかもしれない。
 NX2のトライアル版を一応DLしてみたけど全体的に枠があってWindowsみたい・・Windowsみたいなのは良いけど、Macだから枠があるとそれだけモニターの使える面積が狭くなってしまうんだけど・・・。

 取り敢えず、文句を言いながらも、トロトロ作業を我慢しながらNXとお付き合いしている。