オリンピックまで、Mac Pro?

Mac Pro (Early 2008)

Mac Pro (Early 2008)

 過日、逝ったかと思われたMacPro、どうやらグラフィックボードが壊れていたからで、純正のに戻したらちゃんと稼働している、ここ数日。ただ、似たような症状でも原因が違ったりするのはMac、いやPC全般と思われるので、少し様子を見てみないと分からないところもある。
 ただ、メモリーもグラフィックボードもOKとなると、後は高額出費となるCPUとかマザーボードになってしまうので、これが原因であって欲しいところだ。
 取り敢えず、この間の続きで、MacProを掃除した。
 UPUは グリスを買うのを忘れたのでそのままにして横からダイソン。電源部とかをハズしたら、前回のファンよりもひどい良く発火しなかったもんだモードの樹氷状態になっていた。
 総量20kgあるMacProをネジを外したり掃除したりして裏表ひっくり返したりしていたら腕が筋肉痛になってしまい、そして妙に愛着も出てきた。当時最速のMacProも7年経ってしまったので、ベンチシートテストとかをやってみれば今のiMacやMac Miniにビュ~ンと抜かれてしまうこと必須。
 それでも予算の限りグレードアップして、次の東京オリンピックまで保たせてみせようホトトギス、みたいな感覚になった。アホかもしれない。

 新しいグラフィックボードをざっくり探してみたら、50,000円。ヤフオクで中古20,000円ぐらいのがあったので、もうちっと情報を得てスキルを上げれば、より高性能のがそのくらいであるかもしれない。探索中。

 私のMacProのCPUは、2,8GHz×2なので、3.2GHzをざっくりみたら1つ80,000円のオーマイガッ。30,000円ぐらいのを探しにヤフオク、ワンピースだ。

 メインのHDD(WinでいうCドライブ)をSSDにするのがあった。
 480GB 2,5インチが14,000円、安い。HDDタイプ変換ステーも2,000円で売っていて、思わずポチッしてしまった。HDDもテラの時代だけど、もともとメインのHDDに個人のデーターは入れたことなく、あるのは必須的なアプリ等だけなので480GBでも十分過ぎるところがある。
 マザーボードやCPUが壊れたら、があるけど、MacProの同機種はヤフオクで50,000円ぐらいなので、フォローできてラッキ~。
 OSは上げずに10,6のSnow Leopardのまま。今は10.10のヨセミテだったかな。
 こんな感じであれやこれややっていると、Windows系の自作パソコンみたいな雰囲気になってくる。

留年確定

 例の仏教大学の仏教の教養講座なので留年という言葉はないのだが、そのコース、1年では終わらないことが分かり、受講半年目で早くも留年が確定した。
 
 3つもあった最初の仏教である「初期仏教」の3つ目のレポートをやっと提出し、残るは、大乗仏教と中国仏教と日本仏教の3つだけだ、と思ったら日本のは歴史と思想の2つがあり、合計4つ。
 あと半年で終えるのがちと不安になってきて、1年で終える為の最後の提出月はいつになるのでしょうか、と佛教大学のサポセンに電話をしたら「11月10日必着です」とのオーマイガッの返答。来年3月末日まで受講期間はあるのだけど。
 実質7ヶ月間で7つのレポートというのは、働きながらにしろ定年退職後にしろ、ちとハード過ぎる。ちと不平を言えば「他の通信教育カリキュラム日程に準じているので、すんましぇ〜ん」。
 教養講座の1年間の留年費は12,000円。
 
 ガツンと1年で終わらせようと4つ目のリポートを見たら、「大乗の『空』の理論を論述せよ。感想文や引用多用は不可」。指定テキストは文庫本でたつぷり350ページ。さらりと読む事2回、メモ取り含めて熟読2回以上。とても1ヶ月じゃ終わらない。最短で2ヶ月だ、私の場合。
 この仏教講座を受けて興味を持って本仏教学部に入った先輩がいるけど、いつも思うのは、すげーなぁ、どうしてこれで興味を持てるのだろうということ。いつも尊敬してしまう次第。
 
 1年で終わるのなら秋に渋谷でやるスクーリングに出ようと思っていたけど、留年確定なので来春の1泊での京都スクーリングが楽しみになってきた。日程延ばして大阪で遊ぼうかな、と思ったりもしているのは、中退と卒業は経験したけど、なんちゃってにしろ留年は初めてなので、これはこれで楽しもうというところ。

逝ったか、Mac pro

 また、Mac Proのモニターが同様におかしくなった。
 規則的なスジや帯ではなく、またブラック画面でもない、パブロさんには申し訳ないがあちらこちら三色のスジが適当に入りまくったピカソみたいな表示になる。
 同様の症例は今までにもあったけど、たいていソフト面かハード面ならメモリーかHDDだった。今回は取り敢えず、メモリーを変えたので、ハードウェアテストでチェックして、そしてPRAMクリアー等のソフト面をチェック。ハードウェアテストはフルテストなので終わるのは明日。
 
 最後は修理となりロジックボード等の交換で10万円はかかるけど、7年落ちのが生き返るのならそれも割安とも言える。または数万で同機種のをヤフオクで、というのもある。
 いずれにしろできる範囲で原因は突き止めなくてはならず、でないと不要な修理代がかさむのだが、こういうスキルがあまりないのが寂しいところだ。

座敷わらし

 座敷わらしって家に棲みついていたずらをするが見たものは幸福になるとか言われているけど、これってもしかしたら飛蚊症じゃないかな。流しで手を洗っている時に視線の隅に黒いものの気配があって、ゴキブリか?!というのと似ている。医学発達していない昔、飛蚊症の人が数人いれば、こうなることだって不思議ではないと思ったからだ。

 2年ぐらい前にドライアイでお世話になった眼科へ行く。
 検眼させられ涙腺調べられて、かつ瞳孔を開く薬を点眼されて診察室へ行けば、
 「ドライアイはかなり良くなりましたねぇ」と女医さん。
 「じゃなくて、飛蚊症みたいな感じになっているのですが。」
 「あ、そうなのですか。どんな感じですか」
 「先ほど、受付の女性に言ったのですが、お聞きになっていませんか?」
 「そうなのですか・・で、どちら側の目ですか」
 「ですから、片目ずつだと見えないのですが、両目で見ると左隅にゴミみたいなのがあるのです」
 「普通は、片方でもそういうのが見えるはずなのですが」
 「あれ、じゃ飛蚊症とかじゃないのですか」
 「いや、それは飛蚊症です」
 医者を変えようかなと思った。
 「それでは以前と同じ目薬を出しますので、様子を見ましょう。なくなったらまた来てください。」
 ドライアイで来たんじゃないんだけどなぁ。
 
 「瞳孔が開いているので、とてもまぶしく感じるので車とかの運転は5時間ぐらい避けてください」
 「車で来たので、置いといて良いですか」
 「他の患者さんも来るので、なるべく早く取りに来てくれると嬉しいのですが」
 申し訳ないけど、女性というのは時々こういう思考回路で述べる場合がある。大人なので「どーせいっちゅーんだ?」と言いたいのを我慢して「サングラスはお持ちですか」という問いに返事をせずに車で帰った。
 
 駐車場のある眼科って微妙に不便なところにあるから空いているから良い。駅や商店街の近くの駐車場のない便利なところの眼科の待合室はたいてい患者一杯のカオス状態で、予約して行っても30分待って名前を呼ばれることは皆無で、1時間だったら超ラッキーと言えるぐらいなのを娘が小さい時に連れ添って行った経験がある。

 瞳孔が開いて運転すると、とてもまぶしい。
 ちょうど瞳が黒ではない白人ってこういう感じなのだろう、太陽のもとだとサングラス必須というのが良く分かった。それでも太陽はまだ高いので目を細めて運転すればなんとかなった感じで、最初で最後の初体験だ、と思いたい。

2回目の2度目。

 ピロリ菌検査&滅菌?治療、2度目の検査結果で陰性となりめでたしめでたし~。
 20年ぐらい前の胸膜炎治療も2度目。
 ラッキーの1度目も、アンラッキーの3度目もないので標準的かもしれない。今度こういう機会が望まないにしろあったとしたら、2度目に試そうとする抗生物質を最初にやればラッキーになるかもしれないと思った。

 と思っていたら、とうとう飛蚊症が発症してしまったようだ。片目ずつなら見えないのが両目だと糸くずみたいなのが左上にチラチラとある。老化現象の一つだと思うけど、取り敢えず眼科へ行ってお初診断してもらおうというところ。
 ドライアイは一応治ったのだけど、なかなかアインチエイジングは大変だ。