プーアール茶

プーアール茶

 最近、プーアール茶を飲んでいないな、と思ったのは、過日叔父と行った台湾の免税店でプーアール茶を見たからだ。免税店と言っても、ブランド品とかは並ばないヨロズの土産屋に免税処置が付いた感じ。
 
 そこでもお茶の実演をやっていたが、平均してみると中国の土産屋お茶実演の方が丁寧だ。両方とも3店ずつの比較に拠る。まず何種類ものお茶を実演試飲させてくれながら丁寧に紹介してくれるので、帰国したら友達とかにちょっとお茶ウンチクをたれることができるような錯覚に陥る。そして綺麗な日本語を喋る。もちろん外国人なまりがあるけど喋ろうとしているのは標準語だ。
 
 これが台湾になると全然違っていて、まず実演とか試飲は4種類以上はあまりなくたいてい3種類だ。たぶんこの客達はあまりお茶は買わないだろうな、みたいな思惑で実演するので、どことなく投げやり的でもある。日本語もカタコト風で標準語もあまりなく、日本の何処にいたの?と聞くと、博多とか和歌山など。台湾に来て帰り際に「おおきに~」を聞くとは思わなんだ。
 結果的に、中国はデパートの店員と話をするようで、台湾は商店街のお茶屋のおばちゃんと話す感じだ。

 と、事実的な事柄を持ち出して優劣を述べるコラム等を散見するが、これはちと真実だけど事実ではない、と言えることもままとしてある。
 これらの土産屋についてはスタート地点が全然違っていて、台湾は昭和から営業していて中国が盛んになるのは90年代半ば以降。また、客も台湾はリピーターが多く情報も熟知しているが、中国は熟知しているのは台湾のに比べ少なく、初めてみたいなのが多い。中国もあと10年ぐらいすると台湾みたくなるかもしれない。
 
 その土産屋のプーアール茶は熟茶しかなく生茶は置いていなかった。お店のおばちゃんの雰囲気からすると、生茶は販売対象外みたいだ。
 通は熟茶なのかもしれないけど、私はあの強い香りが苦手でまろやかな生茶の方が好きだな。家に戻ってみたら1/3になった円盤プーアール茶があった。

シェファーのインク

シェファーのインク

 外国語学習において書いたりしているのでだいたいインクは10ヶ月ぐらいでなくなる。
 昨年の1月に買ったのが10月になくなり、たまにと思ってiroshizukuのを探したら、新たに何色か出ていたのでブルーにちょっとマゼンタを加えたような「アマイロ」を購入した。
 万年筆業界はあまり景気が良いとは思えないけど、蔦屋書店などお洒落な文具コーナーが増え、少し万年筆ユーザーが増えたのかもしれない。でなければ、iroshizukuなどが新たな色のインクを出すわけがない。
 iroshizukuは嫌いじゃないのだけど、どうしても途中で飽きてくる。やはり飽きないインクの色は、黒、ブルーブラック、ブルーぐらいまでだと思う。そういうのを見越してiroshizukuは小瓶のも出してお好きなのを3つ選んで1,600円ぐらい、とかいうのを始めたのかもしれない。
 
 3/4で飽きたのでいつものシェファーのブルーを頼んだら、たった1年でラベルのデザインが変わっていた。シェファーも新しい色のインクをリリースしたのか?
 見比べてみると、見慣れたのもあるのか前の方がお洒落に感じるが、中身が大事で入れ物は関係ない。
 また、目上の人や例えばクライアントに手紙を記す時は、どうしても黒かブルーブラックが適切で、ブルーは多少の手紙の書き方知らずの印象を受けるのは昭和生まれだからだろうか。それでもブルーで書いてしまっているけど。

空梅雨か

卓上USB扇風機

タケノコのみそ汁

 少し前、盛夏か?みたいな日が続いたので卓上USB扇風機を出した。2015年に購入したので今年2年目、当分元気に保って欲しい。その前のはやはり2年目ぐらいで首がもげたからだ。
 と思ったら梅雨入りとなり毎日20~25度ぐらいでこの扇風機の出番なし。あと2週間ぐらいかも。

 梅雨入り宣言の辺り、初めてタケノコのみそ汁を作った。飲んだことはあるけど作ったのは初めて。生のタケノコからだと面倒なので触れないようにしていたが、ふと冷蔵庫を開けたらタケノコの水煮が出てきてので、お初チャレンジだ、と言うほどのことではないが。
 当たり前だけどタケノコの香りと味がして、暑くない梅雨に飲むのも良い感じだ。

 そう言えば、冬場しか使わないと思っていた小型AC扇風機が必要となった。
 途中から小雨が降り出してきたからだ。曇りだったので洗濯物を干したとたんにパラパラ・・・。取り込んで部屋を閉め、取り出したストーブの温度を25度に設定し扇風機をブウ~ン。もともと23度ぐらいの室内だったこともあり、4時間ぐらいで一番乾きづらいジャージまでもが乾いた。梅雨の風物詩とも言えるかも。
 それでも雨が降らない今年の梅雨時期、夜は涼しくて良いのだが、後とから降るのか、やはり空梅雨で盛夏に突入か。

もう一つ、南高梅

南高梅

 先日買った賞味期限のない南高梅がなくなったのでまた買いに行った。
 かの和歌山出身のおじいさん、手ぐすね引いて待っていたかのようにいろいろ南高梅のうんちくを説明し始める。
 が、こういうのって昔の商店街通りで良く見かけた個人商店での買い物に似ていて、野菜を買えばちょっとその八百屋のあんちゃんと話をし、肉を買えば、玉子を買えば、乾物を買えば、と現在のスーパーでの買い物に比べたらかなり時間はかかるがそれなりに人とのコミュニケーションの上に成り立っていた昭和のお買い物と言える。
 
 そのおじちゃん曰く、南高梅は米のコシヒカリのように一つのブランド種の梅で、苗木とかで日本全国、そして台湾や中国にもあるそうだ。それらを日本ではちみつ入りとか薄塩とかに加工すると南高梅として販売できるようなことを言っていた。中国産のだとちと怖いけど、台湾産のなら良いかな、と頭で想像する。
 また、はちみつ入りや薄塩とかの梅干しは添加物が入っているから要冷蔵とか賞味期限がる、とか言っていて、ま、そのような商品に対してのネガティブキャンペーンを張っていた。
 
 添加物もいろいろ種類があるように見受けられるが、それを真剣に捉えたらファーストフードやコンビニ、ファミレスなどの食べ物の全てが怪しくなってくるので、割り切ってそういうのは半年以内に喰い切れば良い、になると思った。

 そう言えば、台湾や中国に一緒によく行っている叔父は、いつもタッパウェアに入れた南高梅の梅干しを持ってきて粥に入れて食べていた。これは美味い。ちと甘いのははちみつ入りだからだが、これも半年で食べ切れば問題ないわけだ。
 過日の旅行では、肺ガンになって肺が縮小してしまった還暦ぐらいのご婦人がいたけど、これがまたスモーカーなんだ。「吸って、大丈夫なんですか?」と聞くと、一度肺ガンになってしまったので、もう細かい事を気にしないようにした、とのこと。喫煙が細かい事かどうかは個体差があると思うが、それに釣られて叔父さんもスパスパ~。どうしてこういう人達が身の回りに集まってくるのだろうか。禁煙揺ぎまくる。
 
 さすがにプレーンな梅干しなので、それだけで食べるとやはりコンチクショーぐらいに塩っぱい。やはり、粥やごはんと一緒にチビリチビリ食べるのが宜しいようだ。もちろんチューハイに入れるのは最適。

青山通りをゴゴゴー♪

 「青山通りをゴゴゴー、アクセスは全開で、手ごわいあの子とゴゴゴー・・」なんて歌が我が家では良く聞えてくる、娘の部屋とかから。
 娘の所属するタップダンスクラブでは、 2年生になると各自好きな曲を選び自分でそれに振り付けをする役目があるそうで、春ぐらいから「青山通りをゴゴゴー」が良くかかるようになった、近所迷惑の騒音に等しい。
 第一、「青山通りをゴゴゴー、アクセスは全開で」なんてベタベタでダセ~よ。今どき「ゴゴゴー」なんて恥ずかしくないか、ってやつ。
 しかし、四六時中これを聞いていると、嫌でも覚えてしまうのだろう、トイレでしゃがんていると思わず「青山通りをゴゴゴー」を口ずさんでいる自分がいて、うひゃ~。
 ずっと聞かされていると、ま、いいじゃん、になる。

 娘に聞いたのだけど、それほど人気のない煎餅屋みたいな名前の「風味堂」というグループで、この曲名は3秒で忘れてしまうかもしれない「クラクションラブ」というらしい。

 で、娘のところに宅配便が届き、聞いたら新しいタップシューズを買ったらしい。
 「いくら?」
 「6万…」
 「え、6万エーン!( ← フォント72pt)」
 
 夫婦共々一番高い靴は2万円代だ。するってぇと我が家で一番高い靴はこの娘の6万円の靴だ。
 通常、6万円の靴ってどんなんだ?専門シューズとは言え、すげーな、さくら水産で何回飲めるのだろうか、20回かな。それでも、こんな靴を買うということは真面目にクラブに打ち込んでいるということだから、ま、いいか。私が支払うんじゃないし。