中華航空

 何故か日曜日から台湾に来ていて1泊の台中後、金曜日の帰国まで台北滞在。

 こちらに来る数日前に台湾から戻ってきて友人から「ナカジマさん、台北はとっても熱くて確実に夏ですよ〜!」なんて言われてビビって台北国際空港に着いたら雨が降っていて涼しかった。
 翌日は真夏のような快晴だったが前日の雨の為かそれほど湿気や熱気もないマイルドな7月ぐらいの東京気候。
 ただ東京のような排気ガスなどの熱気やまたはそれらアスファルトからなどの照り返しがないので気持ちが良いくらいだ。
 これからガツガツと暑くなってくるのだろう。

 今回の飛行機はチャイナエアライン(中華航空)。
 前回のユナイテッドとは違い、機内食は一応昔ながらに選択でき、スッチャーが英語で「豚飯と牛飯のどちらにしますか?」。
 しかし普通は、肉か魚のどちらか?なのに何故にして豚と牛?ヒンズーとイスラムとかを配慮してかな。とするとユナイテッドの魚のみの機内食も効率が良くて納得〜。
 そのうちベジタリアンにも考慮して機内食はサラダだけになるとか。

 で、豚を選んだら日本の福神漬けが付いたカレーライス、隣が選んだ牛を見たらタマネギと一緒に炒めた牛丼。ビーフライスは分かるけど、ポークライスはポークカレーの方が誤解がないと思ったけど、中華航空さん〜。

 どこかの航空会社は機内食を廃止して有料注文にすると言っていたので、乗客全員に給仕される機内食なんて近々お目にかかれなくなってしまうかも。
 海外旅行お上りさんとかが記念に撮る機内食、これもこれからは貴重だったりして。

 映画は、バッカス(酒の神)の息子が主人公のSFアドベンチャーファンダジー。日本語の吹き替えがあったので楽しく見られた。

鬱病なの?

 注文していた幾つかのプリントが昼前ぐらいに届く予定で、そこから作業を始めれば夕方には各クライアントに発送できてちょうど良いと思っていたら、なんと朝の8時過ぎに宅配便がやって来て昼過ぎに発送して、あれ、午後がポッカリと穴が空いてしまった。

 天気も良いし、写真でも撮りに出かけるかと思うもどうもダルっぽさがあってやる気が出ない。
 軽い昼飯を食べたらほんとそのままソファでZzzzz…のシエスタ。

 起きてサイトをつらつらチェックしていたら「禁煙鬱」とかいう文字に目が止まり、以下の症状等があると禁煙による鬱病の可能性がある、とのこと・・うへ・・・!!!

1) とにもかくも眠気がある
2) やる気が起きない
3) 集中力が不足する
4) 今まで楽しめたものが楽しいと感じない

 1)は仕方がないとしても、2)~4)の3つに多少の該当がある。特に3)と4)がビンゴ・・。

http://health-factory.jp/no_smoking/depression.html

可能性としては、
1) 脳が元通りに自力でセロトニンを分泌できるまで待つ
2) セロトニンの精神薬を飲む
3) 鬱病になるのなら喫煙の方が断然に良い。

 で、限りなく2)はNGだ。
 それなら3)なんだけど、真面目な話、煙草(喫煙)は嫌ではないけど、取り立てて吸いたいとは思わないのが気残り。
 取り敢えず、まだ3週間ぐらいなので半年ぐらい様子を見てから考えることにしようか。

 上記のURLを読む限りだけど、少なくとも現在の私は軽度の鬱病?

ささやかな読書~。

「最近読んだ本で面白いのはどんなのでしたか?」「1ヶ月にだいたいどのくらい本を読みますか?」なんて聞かれたら、穴があったら入れたいじゃなかった入りたいぐらい恥ずかしくらい読んでいない。
 「バガボンド32巻まで読みました!」なんて言ったら笑われるだろう。

 実際、2008年10月から今年4月までの1年半の間に読んだのは、たったの2冊、柳田理科雄さんの「空想科学読本6~7」。この1年半は真面目にも電車の中でも中国語の教本とかだったのでほんと本って読まなかったぁ。

 昨夜、枕の先に手を伸ばしたら藤原伊織さんの「ひまわりの祝祭」というのがあって、読もうと思って買ってその辺に投げっぱなしにしていた一冊だろう。それともカミさんが買ったのかな?
 藤原伊織と言えば「テロリストのパラソル」が有名だけど、この「ひまわりの祝祭」は受賞後の第一作だそうだ。
 博報堂の逢坂剛氏と電通の藤原伊織氏というところで、お二人、仲が良いと逢坂さんの本の後書きに記されていたけど、何年か前に病気で他界してしまった藤原伊織氏。

 久しぶりに寝ながらペラペラと藤原ワールドへ。「テロリストのパラソル」「てのひらの闇」に続いての3冊目だ。
 やや汗ばむ春の夜の寝床での娯楽ハードボイルドミステリーはなかなか心地よい。やはり寝ながら読む本は良いな。が、寝ながら読むとなると、かのiPad、なかなか難しそうだ。

FOTOLUSIO

 ちょこっとだけサービスサイズのプリントが必要になったけどDPEショップで待つのが嫌だ!
 で、気付いたのがコンビニやスーパーの一角にポツンと置いてあるデジタル自動現像機。
 近所のスーパーに置いてあったのがFOTOLUSIOという名前の赤い機械。DNP(大日本印刷系列会社)の機械のようだ。

 サービスサイズ1枚30円は割高な感じがするけど、1分ぐらいでガツガツと数枚プリントできてしまうのは良い。
 クオリティは気にしちゃいけな。このレベルだとインクジェットのクリスピアとかの方が良かったかも。ただ、どうもなぁ、インクジェットでプリントアウトすること自体が何故か面倒に感じる。

ウエディングでコンデジ

 「従兄弟の結婚式」というのが定番と思っていたら「従兄弟の長男の結婚式」という年齢になってしまった。
 その結婚式、五月晴れGWの今日、飯田橋のエドモンドホテルにて。

 「おじちゃ~ん、久しぶり~♪」とその従兄弟の長女。そのおじさんは私のことだ。
 「おじちゃんからもらったデジカメずっと使っていたのだけどとうとう壊れてしまった~、ごめんねー」
 「私がカラーリングしたやつで、液晶画面に傷みたいなのがあるけど要る?」
 「わー、とっても可愛い~!ちょうだい」
 「いいよ、後で送るね。ところで良い人できた?」
 「ぜーんぜん」
 性格が良くてとても可愛い長女で今年27歳。菊川怜と藤原紀香を足して2で割って体重を2倍した感じだね、と言ったらその長女から不思議にもお叱りをうけた。

 その従兄弟には昔いろいろお世話になったので、その息子達へのこのくらいのプレゼント、恩返しにもならないくらいだ。
 そのFinePix F40fdは、例のデジカメ本を出版した時にスポンサーとして富士フィルムから頂いた思い出のカメラだ。
使わなくなって捨てる時は着払いで送り戻してちょうだい、というやつ。

 さて、次に何を買うか、結構迷った。
 リコーのGRシリーズにかなーり食指が動いていたのだけど、先日AFスピードを比べる機会があったのだが、確実にFinePix F40fdの方が早かった。リコーは愛用者が多く、ハイエンドコンデジのキングと思ったいたのだけど意外~。
 結局はAFタイムラグのないダントツFinePixだ・・が、ラインナップがたくさんあって???

 F200EXRは発売中止で、最新現役のがF80・・なんで数値が下がるのでさう?発売中止ならF70もあって、200も70も在庫的に価格コムで売っている。
 200、70、80が、それぞれ20,000円、16,000円、27,000円と売っていて、何が違うの?
 1000万画素か1200万画素か、または5倍ズームか10倍ズーム・・・微妙に細かい。毎度のECカレントにて価格の5%をプラスすると5年間の延長保証が付くというので、1200万画素、10倍ズームの現役F80EXRにした。色はワインレッド。