喪中の元日

汁碗

 喪中であるのとカミさんが風邪で寝込んでいる元日なので、謹賀新年ご挨拶を割愛し元旦は簡単な雑煮で済ました。作ったのカミさんだけど。
 テーブルに置かれた雑煮の底が水びだしになっていてあれれ。良く見たら大きな割れ目ができて汁が漏れていた。2年ぐらい前にできたヒビだけど、だましだまし使っていたが正月に際して逝ってしまわれた。伊勢丹にて7,000円で買った碗だけど、30年前のだからそういうものか。ヒビが入らないようもっと丁寧に手入れをしていればより保っただろう、とプチ反省。

 正月早々アマゾン詣でかよ、と「汁碗 漆 朱 日本製」で探したら殆ど同じようなのが、6,200円であった。ま、私なんぞ生きてもあと20年ぐらいだから頑張って保たせようぞ、というのが新年への抱負だ。なんか情けねぇ抱負だこと。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*