スマフォ良いねぇ

 別にパソコンでも良いのだけど、痛風に良い食べ物悪い食べ物が詳細に載っているサイトがあって、良く行く回転寿司の「はま寿司にて、それをチェックしながら皿を取ったりパネルから注文した。
 端で見れば、スマフォ見ながらチェックして注文したりとかなり奇異な感じがするかもしれないが、一応のプリン体含量チェックだ。

「尿酸値を下げる!痛風克服サイト」
http://痛風と尿酸値.com/column/food_list.php

 で、このサイトでの含量リストを見ると、白身か川魚しか食べられない。私の好きな赤身や光り物はたいてい高目だ。ただ、重さは100g換算にて一日400mg摂取を超えないようにとのことだ。
 一番危ないカツオは212mg/100gの数値だが、一貫でのカツオの刺し身の重さなんてだいたい5g未満だ。2貫だから10gとなり1皿21mgになり、20皿食べたとして一日の許容摂取量になる。
 年齢的に10皿が限度だが、他の食事と合わせることを考えると、5皿ぐらいそういのを食べて後はタマゴとかカッパとかになる。
 エビになるとよりカオス状態となり、クルマエビ、大正エビ、シバエビはNGだが、ボタンエビはOK、訳分からなくなる。カニはOKだけど、個人的には寿司とカニは合わないので頼まない。
 アサリは高目でハマグリはOK・・・結局、好きなものにNGが多い。
 上記サイトを見ると、肉は良いのだけど、より安心そうな鶏肉が高めでササミや手羽は要注意数値。

 ただ、こういうのを見ていると途中で何が何だかどうでも良いや、のレット・イット・ビーかケ・セ・ラ・セラになったりもする。
 こんちくしょーなのは、生ハムが意外と高目なのだ。スペイン、行けないじゃないかい。

 台湾からの帰国日にワイン2/3を飲み、翌日にチューハイ4杯飲んだら、微妙にリーチ状態が1週間続いた今日。スペインの友達エヴァが先に逝ったのでちょっと飲みたいよね、と目標ワイン1/3、あり得ないので2/3。明日重労働的な仕事なんだけど効果?が出るのは明後日だから、ま、いいか。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.