スーツケース

スーツケース

スーツケース

 台湾からのキャセイ航空は5時に成田に着いたので、帰りの電車は帰宅ビジネスマン達でそれなりに混んでいた。こういう時って、「へぇ海外旅行かい、いいな。こっちは働いた帰りだよ、まったく〜」などと思われるかもな、と申し訳ない風自意識過剰になり江戸時代の銭湯のように「冷えもんでござい~」と云う感じで、ガラガラ〜と音を立てながらスーツケースを引いて車内に入った。
 
 席なんて空いていないのでドアの横にスーツケースを置いてその上に座る。が、何故か座り心地が悪くガタガタと揺れる。車輪は壊れてはおらずちゃんと4個付いている。帰宅すると1つの車輪のゴム枠だけが外れていた。
 調べてみるとスーツケースが壊れる一番の原因は、この車輪が取れてしまう事のようだ。中型のだから1万円ぐらいで買えるが、車輪1つで買い替えるか?という疑問がムクムクと湧き上がる。試しに「スーツケース 車輪交換」で検索してみれば、あるよアマゾンに。車軸と車輪2個セット1,000円ぐらいのがズラズラと表示されたので同じように考える人が少なくないのだろう。車輪径と車軸の長さを測ってプライムポチッ。

 もともと付いている車輪を外すのはちとやっかいだ。車軸がカシめてあるのでそれをドリルでグリグリやって削り取らなければならない。交換用の車軸はネジで締めるものなので、海外初日のホテルのチェックイン時と帰国日チェックアウトの前に確認した方が良いだろう。付属の六角レンチ2本をスーツケースの中に入れておいた。これら気遣いのチェックが増えたけど、まずは買い替えるよりは精神衛生上宜しいかも。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*