Retry iPhone

 先週は足が痛かったので早目の10時ぐらいには布団に入るようにしていた。が、眠れるわけがないのでせっかく買ったiPhoneで眠くなるまで時間つぶすか。
 電子書籍Kindleをチェックするのだけど、使い勝手は多少の慣れと割り切りが必要とのレビューが多いので、iPhoneに付いていたBooksをチェックした。
 Kindleもそうだけど本の価格が思いの他高く、これなら紙の本の方が良いと思わせる価格が多かった。無料のもあるのだけど、たいてい宮沢賢治や芥川龍之介などの古いやつで、ま、この辺なら1円+送料よりも良いかなと思ったぐらい。
 Booksにはなんと「古事記」が無料で入っていた。それも現代訳だから難なく読める。確か700年ぐらいの現存する日本最古の書物で、外国特に中国(当時の唐)を意識した日本の紹介書だったような記憶がある。
 1/4まで読んだだけだけど、史実と創作(伝承)が入り交じっているのであまり面白くない。が、最古の本なので気長に読むか、というところ。

 アプリのゲームは無料を探すも、無料故広告表示のオンパレード、狭い画面にバコバコ表示されるのはつらい。有料のでも良いのだが返品効かないからかなり慎重になる。
 テトリスなどの落としモノ系やアクション系は操作ボタン等を上手く操れず断念。麻雀はやりたかったのだが、捨て牌の万子が読めない(自分が悪い)のでこれまた断念。
 なかなか良かったのは数独(ナンプレ)、これは老眼の中年おやじへの救世主だ。
 
 歩きスマフォの是非はともかくも車内や町中は歩きスマフォが多く、またそれができることを羨ましく思う時がある。普段は近眼用のメガネなのでまずスマフォは見えない。遠近両用もあるのだが、屋外だと違和感があるのでまだ常用にはならない段階。
 電車とかでは椅子に座れたらメガネをはずして裸眼でスマフォを見るぐらいだが、最近少しだけど席を譲られることがある。まだ若いぞ!などとは微塵にも思わず、礼を言って座る私がいる。

 iPhoneのアプリもあちらこちらに連動しているので誤動作的なのも少なくなく、知らずにFaceTimeで電話をかけてしまっていた場合もあり、結局便利そうなアプリはどんどんOFF設定になっている拙iPhone。
 iPhoneをバキバキに使いこなしている人はほんと尊敬の念だ。ガラケーに比べればとても文字が打ちやすいのだが、それでも打ち込み画面が小さいのでローマ字入力よりカナ入力が有利だ。一度車内でメールかLineに長文を打ち込んでいるおねーちゃんを肩越しに見たが、目にも止まらぬその指の動きの早さは、まさに平成の女高橋名人だった。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*