カレーのエチオピア

大隈講堂

 娘の所属するタップダンスのサークルが大隈講堂で行われる前夜祭に出演するというので、カミさんとバスに乗って行ってきた。
 人数の関係からか入学式も父兄は入れずモニターのある教室で見ただけなので、今回やっと初めて入った。改修こそしてあっても基本的な構造は変わっていないと思ったのは、何処を見ても長い時を経過してきた臭いと空気感があるからだ。石の階段や床だったり、ロビーの天井が高く独特のアーチ状になっていたりとかetc。
 一つにしろこういう歴史を刻んだ建造物がある大学って良いな。記憶で言えば、立教大学の旧図書館とか学習院大学の1号館とか。

 いろいろなサークルが搭乗してそれを学生などが見て盛り上がるというやつなので、当然サークルはパフォーマンス系で、娘のタップダンスやジャグリング、チアリーダー、ジャズダンス、フラダンスなど。ちゃんと練習をしているのだろう、それなりにショーアップされていて見ていて面白かった、と言うより、みんな上手いよ、セミプロだ。

 帰りのバスが明治通り交差点で停まった時の車窓から「エチオピア」というキッチン風のカレーショップが見えた。確かお茶の水の駿河台交差点の近くにもあったカレー屋だ。そう言えば「キッチン南海」や「いもや」もあり、神保町と早稲田界隈は共に学生街の原点を成しているようだ。
 翌々日、娘の本番出演があるので暇な中島夫婦は出向き、先にそのエチオピアでカレーを食べた。
 定番風のチキンカレー900円を頼んだら、「辛さはどうしますか?3倍から70倍までありますが」。ってこの開きは何?中辛を希望したら、それは3倍だった。
 またチキンだってチョチョじゃなく、固まりがガンガンダンと入っているし、量はココスでの特盛りぐらいのボリューム満点だ。またデフォルトで、ゆでたじゃがいもがバターと一緒に付いてくるのが可愛い。
 食べてみたら、私は学校給食ぐらいの辛さだったけど、カミさんにはちょうど良い辛さだったようで、人間の味覚なんてかなりいかげんで主観的だ。今度また食べるのなら10倍ぐらいかな。
 味はすげー美味い!とまでは言えないけど、個人経営なので個性のある記憶に残る味で、近くに来たらまた寄って食べようというお店。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*