リベンジ、iPhone

 iPhoneに戻ろうかという気持ちになったのは、カーナビがダメになったのと、携帯からのメールが多くなったからだ。副次的に iPhone をカーオーディオに繋げば楽に音楽が聴けるというのもある。
 初代からiPhone4sまで愛用していて主に使ったアプリは、サファリとマップだけ。それで毎月7,500円は高いなと思ってガラケーに換えたのだけど、今は少し料金体系が変わり安くなったら良いな、ということで go to the Softbank。

 「毎月の支払料金が一番安いiPhoneはいくらになりますか?」
 店員みんなiPadを持っていて、新情報がリアルタイムに更新されるだろう料金形態などを見せてくれて、「iPhone6の16GBで、3,870円のがあります」。
 いろいろ制限があるけど、「じゃ、それください」。奥へ行た店員が少し経って戻ってきて「済みません、16GBは在庫なくて32GBのしかありません。それですと4,300円になりますが・・」。最初の16GBってサクラかよ。大した差額ではないのだが、iPadに表示されているのにすぐに在庫切れとは、思いっきりエグい。Softbankには良いイメージを持っていただけにちと残念。一気に白けて契約せずに店を辞した。

 家路に向かう途中、新しくできた、一番iPhoneから遠いイメージのするauショップがあったので、ダメ元的冷やかし風に入り、同じ問い合わせをしてみれば「3,750円でありますよ」と、捨てる神あればのビンゴだ。即契約。
 店頭からSoftbankへ解約申請の電話をしたのだが、そのようなお引き留め価格で3,700円がある、と言うのだが、それなら最初からSoftbankの店頭にてそういうプランを提示して欲しいもんだ。それだとゴネり得になり、逆不公平さを受けるような違和感もあり、それなら一度解約申請をすると料金が安くなると、Softbankの利用者にお知らするとどうなるのか、があるからだ。
 この応対してくれたSoftbankのおねーちゃん、思いっきり冷たい口調だったのが印象的だ。ま、しょうがないけど、誰に対してもソフトな応対が欲しい。Softbankへ乗り換えた時のDoCoMoのおねーちゃんは優しかったのだけどね。

 携帯会社によって微妙に料金プランが違っていて、auには家族割引がないとかetc。
 私のは一番安いのでデーター容量が月20GBまでで、それを超えた月は+1,000~。家ではWi-Fiにして、外で見るのはマップぐらいだし通話も5分以内無料だから私なら十分過ぎるではないかな。4年振りのリターンiPhoneだ。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*