「ディエゴと再会」

「ディエゴと再会」

 30年来のスペインの親友ホアキンがなくなった。私に、生まれ変われるのなら絶対スペイン人だ、と思わせ続けてくれた人だ。享年69歳、合掌。
 以前飼っていた猫ルルデの名前の由来である妹のルルデから今朝メールがあり、手術をしたけどダメだったと。簡素なメールばかりなので詳細は分からぬが亡くなったことだけは分かった。事細かに知らせるゆとりなどはないのだろう。
 3日前にメールが来て…. en hospital muí grabé bueno un beso.。「病院で録音してとても良かった。またね」とか意味不明?と思ったら、grabé じゃなくって graveで「重体」または「危篤」の意味じゃないか。あわわ。
 再度ルルデから詳細聞いて、今週末にでも3泊5日で馳せ参じようと思っていたのだけど、それでも間に合わなかった訳だ。残念。
 
 ばーちゃんの命日が10月7日で、ホアキンが17日。見知った人の訃報は今年だけでもう4人目だ。あと2ヶ月半で今年が終わるけど、さすがにもうないだろう。
 で言えば、私のスペイン人の友達は運悪く良く亡くなり、ホアキンでこれまた4人目だ。それも70歳前後でだ。私と仲良くなるとロクなことにはならない、と思われないことを願っている。

 写真は、グループ展に出品した「ディエゴと再会」から。
 娘が生まれる1年前、たまたま運良く年末のチケットが取れたのでカミさんと一緒にホアキン家族に会いに行った時のもの。
http://www.accitano.com/doc/Exhibiciones/Colectiva/Diego/?lang=J&num=1

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*