銀行へ

 聞き及んではいたけど、実際やってみるとなるほどね、というのが銀行凍結。
 葬儀や納骨等の費用と端数を先に引き出しておいて、通帳とカードを持って銀行の窓口に行ってみれば、私の免許証を確認しただけで即凍結となってしまい、以降引き出しも振り込みも一切できなくなったのだけど、住所が同じなのでOKとのこと・・チェックゆるくない?

 その後、奥のテーブルへ促され凍結解除の手続きを指南される。
 書類自体はそれほど難しくなく、司法書士とかが作成する財産分与教義書とかは別として、1枚の用紙に相続人全員の実印を押しそれぞれの印鑑証明を添付するだけで、私一人だけで引き出すことができるようだ。近所に住む弟一人なので簡単だが、しかし沢山の相続人がいたら、あちらこちらへ出向くか郵送して実印押してもらって印鑑証明もそろえなければならず、またそれぞれがあちらこちらの地方とかに点在していたら、確かにこれは面倒くささ超難度Cになるだろう。

 銀行凍結は自己申告なので何もしなければ、残高ゼロとかまで勝手にカードで引き出すことができる。が、1日の最大引き出し額は50万円なの何十回通わなければならないが。 
 都心のマンションでも買えるくらいかなと思った残高は、車が買えるぐらい。しかし確定申告で計上しないと宜しくない額面になりそうで、どうせ土地の贈与税とかが来るのでそれに合わせ真面目に処理しようと思ったところ。
 近いうちに司法書士と打ち合わせをすれば概算が出るけど、弟と分与したところから贈与税とかを引いたら100万円にもならないと思うも、もともとはばーちゃんの金なので裏の柵の修復費に充てれば形見風になり、残りで鬼怒川温泉おおるり荘1泊家族旅行とかができれば嬉しいや。

 もともと私も弟もあまり金への執着心がないので、例えば残高が1億円あったとしても、あまり変わらないと思う。もっと若ければいろいろ考えて新たな希望も芽生えたりもするのだが、60歳ぐらいになると老後の蓄えぐらいにしか考えが及ばなくなってくる寂しさがある。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*