表札

 今年初頭、家をリニューアルした時に特大かまぼこ板風の表札がどっかにいってしまったので、名字と住所を記した4,000円ぐらいの150mm四方の銅版プレートをアマゾンで注文した。大した家ではないし、由緒で言えば三重県伊賀上野からの移民家系なので仰々しい表札なんで不要の身分不相応。
 届くまで2週間ぐらいかかったのは中国で作っているからだけど、後日ホームセンターとかで似たようなのが14,000円ぐらいで売っているのを見た時、心の中でアマゾンに手を合わせた。
 ただ、リニューアルし終わってからプレートが届いたので、あれ、何処に付けたらよいのやら・・、結局、玄関先に一本おっ立ちポストの横に100円ショップで売っているような強力両面テープで貼り付けたのが暖かくなった花見の頃(だったかな)。
 強力テープだからぴったりと付きまくっていたのだが、今7月の35度を超える猛暑日が続いた時、接着剤が溶けてTV「ウルトラQ」のオープニング画面のようにズリズリとら旋状に下がり落ち、あと2日放置すると落下する状態になっていた。
 45度曲がってはいたけど住所と名前が分かるから届けモノには問題ないけど、ビジュアル的にやや悲しい。

 ドリルで穴を空けてビス留めしようかと思い、ネットでちょっと調べてみると、ステンレスというのは金属の中ではとても固いそうで、それなりの専用風ドリルビットを使わなければならなかったり、先にポンチで小さい穴を空けたり摩耗防止油なども必要だったりとかなり面倒なことが分かった。溶接もあるけど日曜大工の範疇を超えまくっている。
 探せばあるもので、ステンレス&金属用接着剤なるものが1,000円ぐらいで売っていた。接着における強度を特に求めるのはエポキシ系の2剤なのだろう、それも2つのチューブになっていた。

 養生テープで四方を留めた2日後にはがし、ちゃんと付くかどうか、カモン~猛暑日!と思っていたら8月、全然暑くない。9月になってしまったので35度を超える日が続くのはもうないだろう。接着の効果は来年の夏までお預けだ。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*