プチ祝い

 2度目の血液検査の結果を聞きに行った。尿酸値と中性脂肪、血糖値の御三家チェック。
 年に一度の定期検診をやり始めてから初めてすべてが標準値に入った。特に尿酸値なんて4,9、こんな数値が存在していたのか。今まで8~11だったから。
 ま、月に2回しか飲んでいないし、血糖値予防でフライトか天ぷら等カロリーの高いモノは殆ど食べなかったからだけど、それでも中性脂肪が110だったので老化によるチンシン代謝の低下からか。
 来月の検査もお願いするも、もう少し人並みの生活に戻してのチェックを行いたく、せめて月に6回の酒ぐらいでどうだろうかで臨む予定。

 それでもグッドな数値だったのでプチ祝いの為につまみを買いにスーパーへ行った。
 過日、お友達から教えてもらった、なんちゃって豆腐流通ニュースを思い出した。

■ 偽装とうふに注意!
http://ameblo.jp/tunanow/entry-12227086179.html

 行ったスーパーはそのイオン系ではなかったので、いつもの2丁140円のを買ってきて、その成分表を見ると、凝固剤とグリセリン脂肪酸エステルが表示されていた。
 凝固剤は分かるけど、グリセリン脂肪酸エステルって?↓

■ グリセリン脂肪酸エステルが怖い!?
http://ping-jing.com/5119.html

 あくまでもささっとサイトで見ただけの情報からで、「偽装とうふ」で言われていることはなるほど、なのだけど微妙に疑問点が散見する。
 2枚目の写真、イオンブランドの98円国産大豆きぬ豆腐の成分表が記されているが、どれが良くない成分なのかの記述がない。どれがNGなのだろうか?それがなくNG風と記述してしまうと、この98円豆腐も同類に捉えられてしまう可能性が大だ。
 また、3枚目写真、本物という豆腐の賞味期限の日付がなんで?
 これがアップされたのは2016年12月9日なのに、何故かこれには「17.08.05」とある。更新追加したのなら、その旨も付記しないとそれこそ不自然なものになる。

 そもそもが「安いものにはウラがある」のが大原則で、そのウラをどれだけ認識してゆくかがポイントだと思うのだが、このおかげで小市民の私などは少し頭が良くなった気がした。
 「グリセリン脂肪酸エステル」なんて恐そうな名前だなと思って調べてみると、なんと加工食品とかでは安全と言えるモノではないか。また、これをNGとしたら殆どの食品がNGになってくるなど、なるほど。

 で、そのスーパーで売っている豆腐の成分表をいろいろチェックしていたら、大豆(国産)・大豆(アメリカ産、オーストラリア産)・大豆(中国)の3種に分けられた。明確な情報公開によって人は意識した決断をその都度迫られるものだ。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*