ラミー

ラミー万年筆

 ラミーという万年筆を買った。
 パイロットの「カクノ」は極細字で手帳や書籍への書き込みに重宝していたのだが、「インクぐらい好きなのを選ばせてよ」というところでパイロットのインクコンバーターを買うも、これの作りが酔狂で、なんと半分しか入らない仕様になっている。理由はいろいろあるようだが、使う側からすれば、なんともイケていないお粗末観がある。

 仕方がないから極細のを探そうと思ったら、かみさんが「ラミーが良いよ」・・・、え、聞けば3本も持っていて、ペン先は大・中・小で用途によって使い分けているとのこと。
 見ればデザインも可愛いし価格もリーズナブルで、3,000~4,000円。結構ラミーファンが多く、数本から色の違うキャップを変えたりしてオリジナルにコーディネートしていて楽しそうだ。
 赤い色のコンバーターと一緒に、極細の黄色を選んだ。普通にレモンイエローではなく、12色クレヨンの黄色そのままでなかなか可愛い。
 欧米のペン先の細さは日本のとは違い、だいたい太めであり、届いた極細は、日本の細字と同じ、または少し細いぐらい。十分に手帳や本に書き込める細さだからOK~。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*