ティンクル

お風呂用ティンクル

 SNSの「生活智慧得情報」みたいなので紹介されていた「お風呂用ティンクル]。
 シャワールームでは昔からバスマジックリンを使っていて、焦げ茶みたいなシミは、水性インクじゃないのかと思わせるぐらい吹きかければすぐに綺麗になるすぐれものだ。
 しかし、数年前から何故か床だけにやや大きめなピンクのシミができるようになり、そのマジックリンを使ってもライトピンクになるぐらいで除去できないところにこの情報があった。
 赤いのはバクテリアの一種とかで一般の薬品にも負けず60度以上の湯で溶解し、それを除去するのは「赤いぬめり」とかが記された洗剤が良いとあった。
 ホームセンターに行ったら、そう記されていたのが一つだけしかなく、それがティンクルだった。

 全体に吹きかけて数分後に清掃開始。というほどの面積ではないけど。
 良い香りのするマジックリンとは違い、これはなんか酸性っぽい臭いが漂い、早く掃除し終われよ、とせき立てられるような感じだ。
 そのバクテリアの種類なのか即効性はなく、それなりにこすらないと除去できず、それも完全ではなく微妙にだけどシミ痕として残留しているが、バスマジックリンよりはだんとつに良い。しかし、他の焦げ茶シミには何故か不向きで、あまり落ちず、この状態だと風呂用に2つの洗剤が必要になってきて、結構面倒だ。
 
 壁には何故かその赤いぬめりは発生しないので、すべり止め防止にてでこぼこしたところに溜まった水に拠って発生する可能性があるので、その度に湯かを吹けば良い、が、これも結構面倒だ。

 60度以上の湯で思い出したのが無薬熱湯強力噴射清掃機(正式名称失念)だ。こっちの方が楽かも。ティンクルで清掃しちまったので次回だ。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*