二代目カーテン

 今日何をしていたかというと、大半の時間をサイトでのカーテン選びに費やしていた、と言っても過言ではなく、何処かしら有意義な一日とは言いがたいような気がする。
 
 「カーテン」で検索すると沢山のカーテン通販サイトがズラズラと羅列するが、カーテンの種類はおおまかに3種で、普通の窓の左右にあるヤツ(ドレープと言うらしい)と、レース、ロールカーテン。
 しかし、そのドレープになると、厚手や薄手等の材質や無地、柄物等、そして柄物も、花柄、ハワイアン風、北欧風、和風、ネーチャー風などetc、また、その絵柄の雰囲気からリビング用、子供用、寝室用、書斎用等さまざまに分類されまくる。
 また、海辺風とは言え、それはハワイアン風でもありネーチャー風でもあったりするとその両方にヒット表示されたりして、中学数学の「通り」とかを思い出すぐらいの複雑怪奇なサイトナビゲーションの様相を呈している。
 少なくとも、カーテンサイトでの売れ行きのキーポイントはwebデザイナーの技量以外にないと思った。実際、希望する種類に全くたどり着けないサイトも幾つかあり、web作成料をかなり節約し過ぎていると言われても仕方がないと思った。

 無地のダークグリーンとかだったら30分もかからないのだけど、柄をメインに選ぶとなると、これは大変で、まず自分が気に入るか、そしてそれなりの家族からの「いいね!」ボタンも得なければならないからだ。
 また、数が多いので必ず別画面で開いてブックマークをしておかないと、トップページからそこへ再度たどり着くのが難しい。結局、家族みんなが、おお、いいじゃん、というのを注文したのだけど、トップページからそのページに再びたどり着くことはできなかった。ほんとブックマークをしておいて良かった。
 あくまでもイメージからの柄だけど、そのイメージは、アフリカンやジプシー等になっていたけど、どっから見ても台湾少数民族の柄に見えてしょうがない。
 でも、ちょっとこの柄はお好みなので、他にロールカーテンとかでも注文しようと思っているところ。

http://www.perfect-space.jp/fs/perfectspace/d0623_flat

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*