砥石

砥石

 かみさんが、ちょっと包丁切れなくなってきためぇ、と言う。訳せば「早く、研げ」だ。
 今年1月に研いだので半年ぶりだが、半年でそんなに切れなくなってしまうものだっけ?
 牛刀2本、ペティナイフ1本、出刃包丁1本、いつものように研いで刃先をチェックするも、あまり綺麗に研げていない。おかしいな、下手になってしまったのか、また研いでなんとか切れるようにした。
 切れる包丁というのは、パンやトマトなどを切った時にそれが分かる。抵抗なくスッと刃が入ると気持ちが良い。

 砥石を洗って干して戻そうと、その砥石を見たら、中研の方が弧を描いていた。これじゃ上手く研げないはずだ。因にこのように弧を描かないように研いでゆけるのがプロだと聞いたことがあるが、凄いね、そういうの。私には無理だ。

 アマゾンで中研/仕上げの2面砥石をポチッ。2,500円ぐらいだったかな。
 さて、弧を描いた砥石のゴミ分別は?
 業者に聞いたら、砥石は石扱いではなく、砕いてまとめて燃えるゴミです、思わず「燃えないゴミじゃなくて燃えるゴミですか?」と聞き返してしまった。
 砕くといっても、尖ったゲンノウ打ってもカケラぐらいしか出てこないのでそのまま燃えるゴミの袋へ。
 
 このくらいの本数だと研ぐのに1時間強で終わるのだが、そんなのを昼前にやっていたら、掃除アドレナリンが上がってしまい、午後から換気扇+台所の大掃除を始めてしまった。掃除の魔力。
 カバーを外したら、みーんな真っ黒。2年前にちょちょっとやったきりだから仕方がない。
 道具は、マジックリンとハンディブラシ2種、ぞうきん。
 まずはマジックリンをかけブラシでゴシゴシ。それを数回繰り返す。そしてマジックリンで溶けかけている黒い油の固まりをぞうきんで拭きとる。
 そして、またマジックリンをかけてブラシでゴシゴシ、ぞうきんで拭きとるを繰り返すこと3時間、やっと綺麗になった。1度こういうのをやっておけば、1年後の掃除とうは楽に終わる・・はず。
 
 油のカスまっくろになったブラシやぞうきんも、マジックリンで薄めたお湯に浸しておくと綺麗さっぱり取れてしまうのは凄い。以前、掃除屋のプロに聞いたら、業務用のがホームセンターとかで売っているのだけど、要ゴム手袋だそうだ。そして一般的ならマジックリンが一番と言っていたのを思い出した。
 
 マジックリンで溶解したとは言っても大量の油カスを流したのでパイプ掃除の液を流して掃除する。脚立に乗っての換気扇掃除って結構体力使い、良い運動をした感じだ。終わったのは夕方の6時、世が世なら豆腐屋の笛が聞えてきそうな時間だ。

 調子ぶっこいて明日は雨なのでベランダ側の窓ガラスの裏表の掃除、の予定。
 雨降っている時の方が水を流しても迷惑にならないところがある。ただ明日の雨は、横なぐりとか雷雨とかの予報なので、窓掃除は延期か。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*