ドンケ F-10

 仕事用のカメラバックは昔からデカいテンバがあるけど、そうではないプライベートのはなかなか良いのがない。ない、というのは自分の都合に合ったという意味。
 いろいろ適当に買って使っていたものは2~3年でほころんでしまったりと愛着ムクムク度がボッキ~しない。
 そのテンバ以外、ずっと愛用しているのは、ドンケのF-5( http://www.yodobashi.com/product/100000001000410414/ )で、もう20年以上。ただ、小さいのでコンデジと手帳、カード入れ、書籍などを入れると、ライザップのビフォアー状態になってしまう。
 簡単に言うと、PEN-Fと交換レンズ1本入れて、手帳、書籍なども入れてちょっとした町歩きスナップに適したやつ。と云うのをここ数年探していた。単に探すのが下手とも言えるが、ドンケのF-10( http://www.yodobashi.com/product/100000001001009637/?_ga=2.236765505.1748050781.1497784440-299707904.1474038622 )というのを見つけ、今更ながらにちょうど良いじゃん。

 昨今の台湾数日旅行用とかでは、F-10よりも一回り大きい(はず)のドンケ F-6があるけど、一応の折り畳み傘と常飲のペットボトルが入れば、このF-10の方が良いかもしれない。
 過日、自己の不手際から15,000円で良いのを倍の30,000円で買ってしまったので、数万ポイントあったヨドバシにてポチッ。

 バッグのサイズをサイト上にていろいろチェックしていたのだけど、買ったテンバをいろいろ紹介しているサイトが少なくなく、けっこうテンバファンって多いのに気付いた。テンバって見かけるようになってからのコンセプトを一貫して買えていないところからだろう。言えば、テンバもタムラックも国産カバンメーカーのようの製造形態になってしまったところがちと寂しい、とも言える。

 昨今言われるカメラマンバックの代名詞は、ドンケのF-2( http://www.yodobashi.com/product/100000001000410405/ )。私はその時代の前のテンバだったのでこれは持っていない。50代前半以前のカメラマンはみんな持っている、みたいな感じだと思う。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*