高雄国際空港

高雄国際空港の計量機

 帰りの飛行機は高雄国際空港 8:05 とかだから、少なくとも2時間前の6時には着いておきたい。
 しかし地下鉄(捷運MRT)の始発は6時で、中心高雄からの所要時間が20分なので間に合わない。私のホテル付近には早朝空港リムジンバスの停留所はないと言われ、結局はタクシーしか手段がなかった。タクシーもおおむね20~30分のようだ。

 タクシーの予約は不要で、その時に言えば良く、5分ぐらいで来るとのこと。
 何となく心配で4時に目覚ましをかけて起きてみれば、やることがなくとうとう4:40にチェックアウトをしてタクシーを呼んでもらった。
 最後の一服をしていたら、こういう時に限って吸い終わらないうちにもうタクシーが来てしまうんだもんなぁ。他かなり残っていたタバコ一箱とライターを捨てて乗車。
 上記のタクシーの所要時間は昼間も計算に入れてのことで、日の登らない未明に出発したので10分強しかかからず5時前にもう着いてしまった。塩程舗という場所から230元(870円)。

 たぶん誰もおらず真っ暗だろうと思っていたら、すげー人だかりだ。
 目の前のカウンターはバニラエアーで 6:50発のにみんな並んでいた。その向こう側はエバーで、7:00発。結構みんな早いんだねぇ。
 空港入り口に重量秤が置いてあったので、2つ乗せてみたら、8.5kg、おお、いいじゃん、でも来る時は10.7kgだったので、そこから2kg減ったというのはにわか信じられないが。
 高雄のLCCタイガーエアーはなんと2時間半前にチケットカウンターを開いた。ふんふんふん~とカウンター横のベルトに荷物を乗せたら、9.4kg・・・え、なんで?ただこっちの方が説得力ある。
 「可能でしたら、通路側の席をお願いします」
 「このチケットではちょっとそれは・・」
 「だから『可能でしたら』と申しておりまする」
 早めに言ったのと微妙に空いていたからと、そしてたまたまその担当女性職員の機嫌が良かったからだと思う。ちゃんと通路側になっていた。

 ついでに「この後の免税店とかにて私は買い物をしても良いのでしょうか?」
 何を言っているのだ?みたいな調子で「全然OKですよ~!」
 「いや、そうじゃなくって、そんなところで買うと、この9.4kgを大幅に超える可能性だってあるでしょ」
 意味にやっと気付いたその女性職員は、どこかしらバツが悪そうな笑顔でもって「ははは・・・そうですね、でも、それは大丈夫ですよ~」。つまり、建前と本音があって、常識の中に本音があれば良い訳だ。なるほど。
 よっしゃ、買うぞー、と思うも、やはり特に欲しいものがなかった。
 取り敢えず牛肉麺を食べ、結局いつものゴディバの缶入り2つと本を1冊ゲット。『路面電車4569散歩』鈴木さちこ著で、ANAの機内誌に連載され、それを台湾の業界の人が見て是非漢訳して台湾でも、になったらしい。
 これでちょうど上限の10kgになったと思う。

 往路に限らず復路もやはり狭い。幅は良いのだが前席との間隔がイマヨン。目の前の背もたれにあるブックポケットに小さなペットボトルを挟んだだけでもう足が当たってパコパコ~。もっともそのペットボトルを入れなくても足の位置とかを変えるとぶっついてしまう。
 1) 身長が極端に低い150cm以下か、足の長さが極端に短い人とかだとOKになるかも。
 2) 乗っている時間は3時間半の台湾がマキシマムで、それ以下の上海、ソウルだとセーフ、5時間ぐらいになる香港は、年齢によってOKかそうでないかに分かれるかもしれない。
 
 考えてみると、機内食が出たりモニターで映画を見たりするのは良いストレスになって、これらが全くないところでじっと座っているのは苦痛の何ものでもなく、読書か睡眠のいずれしかない。
 それでも安く、時期によって違うのだけど、私の場合は往復26,570円、安すぎる~。
 ただ、機内でも注文できる機内食だけど、これは通常の誰でもが享受できる機内食とは違っていて、あのようなトレーに幾つか入ってというのではなく、メインディッシュ風の大きな器1つだけで、それは単品、セットになるとこれに小さなパックのジュースとスナックの入った袋が付くので、通常の機内食からすると微妙にみすぼらしい印象を受ける。
 
 登場ロビーで買っ路面電車の本を読んでいるとページがチラチラしてきた・・あれ、思わず顔を上げ、向こう側にいる台湾のおねーちゃんと目があったので、
 「地震?」
 「かもしれない・・」
 「めまいじゃないよね・・」
 「ははは、やはり地震でしょ」
 「高雄では大きいほう?」
 「まぁまぁかな・・」

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*