粥釜

粥釜

 どっから見てもアマゾンにて4,000円ぐらいで買った小型の粥釜。
 内部の釜だけど、通常のだと焦げ付かないとかのテフロン加工になっているのだが、これはテフロン加工風の色が塗ってあるだけなので、使っているとその塗装が剥げてきて下地の銀色が見えてしまっている。
 どうすると剥がれてしまうのだろうか。
 安っぽい造りは分かっていたので、米を研ぐ時には金具の泡立て器などは使わず、手か調理箸を使っていたのだが。2011年購入なので6年目、使っていると自然に剥がれてしまうモノなのかも。チェックしたらマイナーチェンジしたのが 4,172円であった。

・タイガー 電気 おかゆ 炊飯器 茶碗 3 杯分 CFD-B280-C
https://www.amazon.co.jp/タイガー-電気-おかゆ-炊飯器-CFD-B280-C/dp/B0000C97ZA/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1492780777&sr=8-1&keywords=粥釜

 中の釜だけ買うというのもあるけど、このテの場合、送料とかを入れると、↑これを買っちゃったほうが安い、みたいなことがありそうだ。

 上記URL内や他の機種情報のできあがり時間などを見ると、1カップ(0.7合)で50分とか1時間となっていて、私のは25分だ。そもそも「全がゆ」とか「五分がゆ」とは何ぞや?分かりません。
 私のイメージする粥は2つ。
 1つは、台湾台中に短期滞在していた時、毎日のように食べていた屋台の朝粥で、おじやや雑炊の粘度係数を10としたら、それは8。粥とおじや、雑炊の違いについてはここでは割愛。
 もう一つは、台湾や中国のツアー旅行泊のホテル朝食で出るやつで、微妙な白いスープに粥が入っているやつで、これは6。私はこの8~6が大好きで、家のこの釜で25分でちょうど8。
 しかし、こういう小型粥だとせいぜい2合まで、それ以上になるとコツ等を会得しない限り吹きこぼれてしまうだろう。

 ちゃんとしたのになるとマイコンとかHIとかの名称を冠し、果ては4万円とか6万円になってしまう。我が家で粥を喰うのは私だけなので、これはちと高価すぎる。塗装が剥がれながらも普通に使えるから、頑張って使い続けるか。
 ただ、粥は家族団欒で喰うものか、にやや???がある。省く、七草粥などのイベント。粥は一人で黙々と食べるのが合っているような気がするのは私がそうだからか。特に日本人、省く、中国や台湾。また、粥を食べるオノマトペの「サラサラ」は日本語ならではだと思う昨今、そしてその様にぴったし。
 因に、精米したての玄米での粥は、柔らかな米の香りが茶わん一杯に漂う。ちょちょっと塩をぱらぱらだけでも美味い、と言った感じ。ビジュアル的に、粥と梅干しはナイス定番カップルとも言えるが、実際は、塩昆布だ。最近は「くらこん塩こんぶ」がマイブーム。
 粥のメリットは、汁ものを作らなくても済むことだ。普通の飯だと汁物はデフォルトだが粥は不要。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*