コーヒーやかん

コーヒーやかん

 正しい名称は知らないけど、カリタ(またはメリタ)でコーヒーを淹れるのにはうってつけ、むしろこれの為だけの専用ヤカンというのがある。湯の出る口がタンチョウのように細いヤツ。
 普通のヤカンで淹れようとしたら沸騰しすびてドバドバ~と飛び散ってしまってそれで小ヤケドしたので、「コーヒーやかん」なるものを買いに行った。
 価格で言えば、800円、2,000円、3,500円、6,000円、9,000円と幅がありすぎ!ぐらいあって、どっからみても価格と使い勝手はイコールしない、と思ったのは、蓋がヤカンのように普通に取れないのだ。内側に突起物をこしらえていて、斜めにしてはめ込むなどちょっとしたコツを得ないと上手く着脱できないようになっていて、これはどの価格のでも同じだった。
 なんでこうなってんの?
 不意に熱くなっている蓋が取れて落ちないようにとか・・、いやいや、口の形状からメリタでコーヒーを淹れる限り落ちないって。
 
 アマゾンじゃ確認のしようがないので、イケヤかどこかで売っていた一番安い800円のを買ったのは昨年の今ごろあたりだが、先日地元のヨドバシに行って見れば、あれま、似たようなのが1,400円で売っていて、蓋もストッパーなく普通に取り外しでき、かつ「made in Japan」とあって、こんな売れ筋じゃない商品はもう敢えて海を渡った中国で作ることもないご時世になってしまったのだ、とも思った。
 思わず、「1,400円のだけど、カードでも良い?」と店員に聞いてしまった。

 この「コーヒーやかん(正式名称不明)」に共通しているのは、蓋に3つぐらいの小さい穴が空いていて、沸騰するとその穴を通して音が鳴って知らせてくれることだ。チリチリチリィ~ン・・・・となかなか良い音色がする。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*