今年83。

 夕方、かの叔父からショートメールがあり、申し込んでお金払ってきたので、6月上旬空けておいてね。後でクラブツーリズムから書類が送られてくるよ。
 そのコースを調べてみると、3時に成田を出発し、台北に着いたらそのままバスに乗って10時過ぎぐらいに台中。そしてやはり全行程自由時間なしの観光とお土産屋めぐりで埋まっていた。
 しかし、3泊4日の初日がつぶれてしまっているけど、その分疲労度は上がらずゆったりしていると言える。また、全てツアーなのでその都度食事のことを考える必要もなく、今の叔父のコンディションからすれば、ベストマッチングだ。
 なるほど、歳をとって肉体的にフリーの海外旅行ができなくなってもフルタイムツアーならもう少し旅行寿命を延ばせるわけだ。

 もしかしたら足腰弱くなって車椅子の叔父になっても、「ケン坊、台湾へ行こうよ」だったりして。思いの外、今の台湾は日本よりもバリアフリーが発達している観がするが、車椅子で行ける観光地ってあったけ、台湾・・。九份や野柳は無理だけど中正記念堂や故宮博物院とかなら可能だ。

 飛行機はキャセイパシフィックだった。確か好感度ランキングでは上位だった記憶があるが、どんな飛行機だったかは記憶がない、何回か乗ったのだけど。白地に緑の機体だったかな。
 何気に何回も台湾とか中国に行っているのだが、よくよく考えてみればそれは80歳ぐらいの老人なのである。身内ながらにも、すげーなぁ、と思ってしまう。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*