恩賜煙草

恩賜煙草

 恩賜煙草・・、こんなの出てくるなよ。出てくるのなら前述の孫文煙草と一緒に出てきて欲しかった、と思った。「恩賜」なんて、普通読めないし、書けないぞ・・私だけか。読みは「おんし」だ。
 皇室行事をオフィシャルにお手伝いした人たちに、皇室から賜るもので、最近の恩賜品ではこの煙草はなくなったようだ。
 警視庁に勤める従兄弟から貰ったモノだけど、さすがに破棄するのには躊躇しまくった。世が世なら不経済じゃなくって不敬罪で捕まっていただろう。
 ナイスな大義名分ができたぞ、と思いながら、1本吸って残りは水に浸けて破棄した。
 菊の紋章がある煙草ということ自体、私にとっては尋常ではじゃない。それを破棄するというのは、宗教と似たような、やってはいけないような罪悪感があった。
 味はバニラ系のマイルドセブンで、濃さは7ぐらいかな。
 箱だけはとってある。殆ど意味ないけど。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*