今日はそんな日だったようだ。

 カミさんから携帯に電話があって、夕方赤羽(東京都北区)で待ち合わせて、ゴローさん(『孤独のグルメ』)のウナギ屋へ行かない?
 5時過ぎに待ち合わせて行ってみれば定休日、ガオ〜(涙)。結構楽しみにしていたのだけど残念、また、いつか機会を見てだ。
 
 ということで地元に戻り美味い焼鳥屋へ久しぶりにカミさんと行くが、ドアが閉まっていた。
 貼り紙がしてあって「5時半からデス〜」、あと10分だ。
 銭湯じゃないんだから、焼鳥屋に一番で入るってどーなのよ?初めてだよ。
 5分前、我が家の近所に住んでいるおかみさんがテクテクとやってきたので、「ここで、待ってるからね〜」。

 店が開いたら店内はちょっと異様な雰囲気に包まれていて、まず、焼き専門のオヤジさんが引退し、その妹が焼きを引き継いでいたのだが、2日前にその妹が突然店を辞めたそうだ。で、オヤジさんの娘が引き継ぐも2日しか経っていないので、いろいろ段取りがスムーズではないみたいだ。また、バイトのあんちゃんも、今日で2日目なんです。
 もしかして、すげー時に来てしまったのではないか。カミさん曰く「今日はこういう日なのかもしれない・・」。オールNGじゃないけど、何かしらいつもとちがったモノに遭遇する、というやつ。
 でも、焼きはすごく美味く、オヤジさん以上かもしれないが、スタッフはみんな不慣れから神経ピリピリなので、逆に客がみんな気を遣って「ゆっくりで良いよ~」と声を掛け合う始末。

 こういう時は長居は禁物でそそっと頼んで辞して、スペイン人のようにはしご酒、にはならず、カミさんリクエストのそば屋へ。普通なら、いたわさで一杯になるのだが、ここ最近、かまぼこが何処かしら甘ったるく感じて食べられなくなったので、熱燗ともりにする。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*