大漢和辞典

 佛教大学の授業の半分以上が何故か古典で繁體文字、かつ思いっきり紀元前の頃の漢字ばかり。その幾つかの授業において「大漢和辞典とかで調べると良いよ」なんて先生が言っていた。
 サラっと調べてみると、ウゲゲーの250,000万円、アマゾン中古で190,000万円。漢字5万字、語彙50万字収録とかなので、全12巻、そしてその為の索引用のが1巻加わって全13巻。
 漢和辞典としては世界最大、との謳い文句で大修館書店からでている。誰が買うんっすか?
 
 しかし、台湾のコピー版という噂のある、これの縮写版というのが安く出ているとのこと。オリジナルはB5で、この縮写版はA5。でも13巻。
 ヤフオクで見たら15,000円、おおお、190,000円の1/10以下だよ。縮写版だから量は変わらず文字が小さくなったとかだけ。15,000円は安いけど置き場所がなぁ?と躊躇していたら、ページの変色がないけどビニールカバーがない、というのが8,500円が出ていて、思わずポチッ。送料込みで10,000円ちょっと。
 広辞苑の一回り小さいけれど、これが13冊だから・・置き場所は後で考えるとして、取り敢えず使ってみようと索引1巻を見たら、一般的な漢和辞典と全然違う。
 まず部首検索がない。「しめすへん」の「礻」は「示」になったりする。
 音読みと訓読みがあるけど、これらは総て歴史的仮名遣いになっている。つまり、今は常用漢字(私が習ったのは当用漢字)だけど、明治から終戦までの漢字使用規範というやつで、「じょう」が「ぢよう」とか「がっこう」が「がつかふ」とかになるやつだ。
 土嚢の「嚢」は、歴史的仮名遣いからすれば異体字で「囊」が正しい・・なんて言ったって、拡大しなければ分からねぇ。utfエンコードのwebじゃないと文字化けしそう。

 つーか、分からない読めない漢字の場合はどーなのよっ?
 総画数索引というのがあるけど、歴史的仮名遣いが基本なので、あまり有効ではない感じがする、と思ったら、今や古典研究者ぐらいしか愛用しない、と思われる絶滅的な「四角号碼(しかくごうま)」というのあった。
 漢字の四隅の形状をリスト化して4桁の数字でもって、そこから該当漢字を検索するもの。佛教大学の3人の先生が推奨していた。
 その数値が違っていても総画数よりもトライ&エラーでヒットする確率は四角号碼の方が有効で・・、もしかしたら部首検索よりも良いかもしれない。

 とは言え、一般的な三省堂の「漢辞海」と電子辞書の大修館書店「新漢語林」で殆どこと足りてしまうので、残すところ我が人生20年の間にこの大漢和辞典を開くのは百回は超えないと思う。が、1万円だからとってもお買い得、と思うようにしている。

 カメラとかゴルフのクラブなどは沢山持っているイコールそれが上手い、とは限らないけど、それなりにそれはそれで市民権があるけど、こういう辞書を持っていると、どこかしら博学みたいな誤解を受ける可能性が大だ。博学なら良いけど、そうじゃないから困るんだ。
 こういう場合は、webやSNS、ブログなどにへらへらと書き込むのは愚行の極まりで、一人黙って使うのが賢明じゃないかと思った。

 辞書自体は40年くらい前のものなので、ペラペラとページをめくると、時間経過による劣化した紙の香りが漂い、今にはあまりないモノで何処かしら懐かしさも一緒に漂ってきた。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.