Monthly Archives: 8月 2016

牛タン~

ねぎしの味噌南蛮

ねぎしの味噌南蛮

ねぎしの味噌南蛮

ねぎしの味噌南蛮

 かのアロハシャツライブの帰り、私は地元の焼鳥屋で一杯やりたかったのだが、勤務先が地元のかみさんがせっかく東京に来たのだから、東京の店に入りたいと述べられているところに目に入ったのが駅前のいつもの「さくら水産」・・うーん、と首を45度曲げたら「ねぎし」があった。

 昔仕事で良く石巻に通っていてその帰りの仙台にて良く食べていた「ねぎし」の牛タンむぎとろテールスープ定食。新宿にも店があって、当時この定食980円だったのだが、今は1,380円になっていた。
 カミさんを含め数人の妙齢のご婦人達が言っていたので間違いないだろう、仙台の牛タンと言えば「利休」。一度行こうと思ったのだが、仙台の駅ビルの誰も来ないだろうというトンでもないはじっこにありながらも、「利休」だけは長蛇の列。列を見ただけで断念。

 その「ねぎし」のメニューには、牛タンの薄切りと厚切りの2つがあった。
 好みだろう、私は薄切り、カミさんは厚切り。とろろは私は最初から麦飯にかけ、かみさんは麦飯を半分ぐらい食べたところにかけていた。
 店内を見たら「当店のタンはニュージーランド産(アメリカ産)です」と記されてあった。
 もともと宮城県は、豚や牛の畜産が盛んで、そこから牛タンが生まれたと聞いたけど、このご時世、ブランド品じゃなくても国産牛の安価供給が難しいのだろう。しかし幸か不幸か牛タンにおける国産か舶来かの違いなんて分からないからノープロブレマだ。
 
 何年振りに食べたけど、美味かった。
 とろろと麦飯のコンビネーション、そしてテールスープ。これの絶対必須脇役が唐辛子を味噌で和えた「味噌南蛮」だ。
 仙台周辺の土産屋で売っている「味噌南蛮」は美味い。パックだから保存料みたいなのが入っていると思うけど変な甘味はなく、ピリッとした辛さがキンたまらない(荒木さん風)。しかし、デパートやスーパーで売っているのは辛さを抑えているのかピリピリ感イマイチの変に甘い印象がある。
 この「ねぎし」のレジ付近にはそういうお持ち帰り商品コーナーなどがないので諦めていたら、カミさんが聞いてくれた。そうしたら「ありますよ、ちょっとお待ちください」と奥に行って持ってきてくれた。500円。聞いてはみるもんだ、とカミさんに感謝。ねぎしフーズカンパニーとか記してあったから、一括して製造しているみたいだ。伊勢丹や高島屋とかにもあったら良いね。

 ご飯等のお供にもナイスだけど、酒のサカナ、特に日本酒の相方としては最強で、呑兵衛にはご禁制食品加工物だ。

アロハ~、エエッ?

タップダンス

タップダンス

 私のアロハシャツが勢ぞろいする娘が所属するタップダンスサークルのライブを見に行った。アロハシャツがないので黒いシャツを着て行く。
 学生会館というクラブ棟でやる、というので昔の文教大学のようにプレハブか?と思っていたら、プレハブがあったのはキャンパス内の工事現場内だけで、思いっきりバカデカい棟がそれだった。B2から10階ぐらいまでのビルが二棟もあり、少なくとも佛教大学のメイン1号館よりもデカい。在京のマンモス大学だからか。
 もっと驚いたのは単なる学生のクラブ棟なのに受付があり、なんと3人もの妙齢の受付嬢もいたことだ。おのぼりさん気分ってこういうことなんだろう。

 そのB2に多目的ホールとしての会場があり、700mm高の舞台を作り、椅子で言えば100人ぐらいなので、ちょうど普通の劇団が公演をする小屋ぐらいのスペースだ。それでも放送研究会が協賛しPAやミキサー、そして照明もそれなりに完備されていて、こういう大学レベルのイベントを今まで過小評価していた自分に気付いた。
 
 実際タップを見たのは、例の映画「雨に唄えば」と故堺俊二(息子はスパイダースの堺正章)の演技だけで、後は自宅にてそれこそアヒルがクラリーノを履いて踊るような娘の練習風景のみ。
 最初は全員が出てきてオープニング。似たような髪形で似たような化粧をしているのでどこに娘がいるか分からず、カミさんに「娘、どこ?」。こういう時の女性はちゃんと自分の娘を識別する能力に長けているのかすかさず「左の後ろから2列目」と即答。すげー。でも、聞いても分かんねー。

 2番目は「夏だ!」とかいうテーマで1年生から4年生までの有志の演目で、おお、みんな私のアロハシャツを着ている・・うげ、男子生徒も着ているじゃないかい。なんで?っつーか男子部員もいることに気付いた。しまった女子大生限定、と言っておけば良かったと後のカーニバル。
 しかしアロハは若い男の方が似合うな。中年オヤジのアロハはどことなく懐古的去勢(どういう変換だ)、じゃなかった虚勢が漂うところがあるからだ。
 
 タップダンスって簡単に分かりやすく言うとジャズダンスみたいなもので、お好みの音楽に合わせて踊るのだが、その基本はタップなのでジャズダンスのような体全体を使っての表現に比べ多少制約があるみたいだ。しかしそのタップの刻みが、男性ダンサーによるフラメンコ、そしてフラメンコの打楽器、椅子のCajon(カホン)と似ているところがあり、そのタップの刻みがフラメンコ同様に聴衆を奮い立たせる。
 1年生の演技があって娘達が踊っていたけど、なかなかみんな、なかなかやるじゃん、と思っていたら、これが2年生、3年生、4年生のを見ると、あ、全然違う。
 が、1年生と言ってもまだ始めて4ヶ月だからしようがない。3、4年生はやはり上手い。ギターで言うところのアドリブソロなんて、思わず、おおー、カッチョ良い。あと2年ぐらい経つと娘もあのようになるのだろうか、真面目に練習をすればだけど。
 
 ラス前に3年生3人による「A cappella」というのがあって、スペイン語読みして、教会のように・・って何だ?MCでアカペラです、と言っていて、あ、イタリア語なのね、って、これがアカペラのスペルなんだ、と始めて気付く。音楽もなにもないところで3人がソロだったり一緒にだったりしてタップだけで表現していて、これはちょっと鳥肌ものだった。タップ、すげーや!
 そのラス前前には、就職してもクラブが忘れられない3人のOBOGの演目があったけど、素人目で見ても、この3人が一番決まっていて上手かった。やはりこういうものは、ある程度まではキャリアなのだろう。

 子供の発表会に見に行く親なんて義理の何ものでもなく、1回だけ見たらもういいや、と思って行ってみれば、なかなか見ごたえあって面白く、卒業するまで毎年行こうと思った。良いクラブを選んだな、だ。高校の時は合掌、じゃなかった合唱部だったから、好みからすれば思いっきり面白くなかったからだ。
 1年生と2年生の差はあまり私には分からず、やはり3年生か4年生だ。「タップの上にも3年」かも。

ダイソンでMacPro

MacPro (Early 2008)

MacPro (Early 2008)

 早くもメモリーが届き、装着しようという時にふと悪魔の囁きがあり「MacPro、分解掃除しようか」。
 ご存知のようにMacは、ジョブスの美学感からか内部もこだわっているので、おいそれと気軽に分解できなくなっている。ネジが見えにくいところにあったり、あるカバーだけ強力磁石で付いていたり、または排気ファンを「ズラして」メモリーライザーカードのカバーを外すとか、なんかグーニーズかインディジョーンズの洞窟に入っているような感じだ。・・というのはもちろん、Webでの先人達の苦労話を見て知ったことで、これらを見なければ、まずMacPCの分解なんて無理。この辺WindowsPCが羨ましい。

 CPU自体と電源部ユニットだけを残し、それらのサイトを参照に分解取り外してみれば、当たり前だけど7年分のほこりでまみれていた。特にCPUのヒートシンク辺りがすさまじく、まるで黄土色の樹氷だらけで、パンドラの箱を開けてしまった感じだ。
 こういう時、先日買ったコードレスのダイソンが大活躍。あっと言う間に綿ぼこりを吸い取ってしまい、終わってみればダイソンの透明ゴミケースが一杯になっていた。
 「小さなゴミ箱」と称される今のMacProだけど、その前の私のはデカい。デカいのは私のムスコじゃなくて私のMacProだけど600×570×200mmはデカ過ぎるし重たい。
 
 こういうやり慣れないことをやると、たいていロクでもないことが起きるのだが、案の定、起動ボタンを押したら初めて聞く異音、ピーーーッが鳴り響いて鳴り続いた。思いっきりやばいじゃん。
 アップルケアーに電話して15万円!を覚悟しながら、その前にもう一度バラして再度取り付けてみようと裏蓋を開けたら、なんとグラフィックボードの電源を入れ忘れていただけで、今回はマーフィの法則がなかった。ほっ。
 ついでに2010年と記してあった内蔵電池CR2023も新たに交換した。ヨドバシとかで買えば130円ぐらいなのに、たまたま行った浦和パルコ内のノジマ電気で買ったらその倍の270円。ぼったくりだよ、これ、ダメだねノジマ電気。

 不調のメモリーも、後から足した4GBメモリーがダメだと思ったら、純正の1GBの方でこれもラッキー。しかし4GB×6枚、合計24GBとなり、動画をやらない私からすれば思いっきりのオーバースペックだ。ま、+7,000円だから良いか。

アロハ~オエ~

猫パコ

猫パコ

 ここ数日、洗濯物が多い。仕事(画像処理等)をしながら洗濯とかetc。
 洗濯したのをカゴに入れ、リビングにて洗濯干しに吊るしてからベランダへという作業の中、ふとカゴに手を入れたら思いも寄らぬ感触があり、一瞬「宇宙を見た」だ。
 いつのまに猫パコが入っていた。半分ぐらい洗濯物が残っているその上じゃ、スリッパで思いっきり叩いて「バーロー!」。その真下には娘の白シャツがあった。
 黒猫だから抜け毛は黒になり、パッと見インモ~と良く似ている。娘、大丈夫か。猫パコは我が強いのかどかしても入ってきて、最後は空になったカゴの中で夕方まで寝ていた。

 その娘から「とーちゃんのアロハシャツ、貸してくれる?」と、拙ガラケーのショートメールにあった。
 娘はLINEを主にしているので、そのLINEの仕様なのか、句点ごとに送信されるので、どうでも良い2行ぐらいの内容でも分散されて4通ぐらいで来る(涙)。
 「別に良いよ、好きなの持ってきな」
 「じゃなくて、全部借りたいんだ」
 「あんだ?」
 聞けば、娘はタップダンスのサークルに入っているのだけど、その発表会が近々あって、その衣装で使いたいとのこと。
 「おまえが着るのになんで7着も必要なんだい?」
 「1年生だけの演技演目にて、みんなが着るからさ。アロハシャツなんていつも着ているのはとーちゃんぐらいだし、普通持っていないし、その為だけに買うのも大変だし・・」。
 「あ、そ、じゃ全部、持ってきな」と言った翌日、見事にアロハシャツがなくなっていた。
 んな訳で、ここ数日、普通の白とか黒いボタンダウンのシャツを着ていまス。臨場感を出すために、アロハシャツを着て練習をしているみたいだ。よって、そのアロハシャツや練習義みたいなのが毎日洗濯機を満杯風にして、とーちゃんは正統主夫を余儀なくされる。

 だが、考えてみると娘は別としてもだ、加齢臭だってあるかもしれない中年おやじが常時着ているシャツをだ、若き女子大生が一時にしろ着るものなのか。ふつー嫌がって着ないぞ。
 「おい、キミのお友だちはみんな気にならないのか?」
 「洗濯すれば、問題ないよ」
 「あ、そー、バンカラなんだね(一安心)」
 
 「公演、終わったら洗濯しないで持ってこいよ、ヤフオクとかに出したら高額落札になるかもよ~」
 「言うと思ったよ、とーちゃん。でも今は女子大生はポイント低いよ。やっぱ、JKでしょ」
 
 タップダンスのサークルなんて、最初まろやかでゆるいサークルと思っていたけど、ちゃんと週3回練習があり、3泊4日の合宿も着いた初日の午後から帰りの日の午前中までずっと練習とかだったみたいで、真面目なサークルじゃない。
 今月下旬にその発表コンサートがあるみたいで、楽しみだ。
 楽しみなのは娘の演技よりも私の7つのアロハシャツが一堂に会して踊ることだ。個人的にすげーだろうな。

web de 贅沢な床展

粥

 夏は暑いから粥はやめていたのだけど、この間鬼怒川に行った時に買ってきた日光たまり漬けがあったので久しぶりに粥を食べた。ネコ舌なのですぐは食べられず、でき上がってからおかずなどを用意するので、食べる頃になると余熱とかで、なんちゃっておじやに近づくこと多し。
 たまり漬けは塩っぱいと云えばそうだけど、粥だとその水分のからみあって塩分のバランスが良く、食が進む。と言っても電気小型専用釜なのでいつも0.7合だけど。
 
 台湾のホテル朝食とかでも良く出てくる、きゅうりのキューちゃんも好きなんだけど、工場で作ってから出荷して店頭にならぶまでのタイムラグがあるから、保存剤とかが入っているのだろうか、こういう食製品ってどことなく甘い。今更食品添加物云々はないのだけど、こういう変な甘味はお好みではない。無味無臭にしてほしいところだ。たまーに食べているけど。

 グループ展にしろ個展にしろ、終わると切れたような脱玉感があるのだけど、少しでもその余韻が残るうちにと、昨日終了した「贅沢な床展 vol.9」のを記録としてwebに新着した。
 暇があれば見ていただけると嬉しいでがんす。
 拙サイト「アクシターノ」のは、「猫パコ」
http://www.accitano.com/doc/Exhibiciones/ZeitakunaYuka/Paco/?lang=J&num=0

 「贅沢な床」サイトでは、
http://www.zeiyuka.com/Exhibiciones/?num=9

 2014年の「Time To Time vol.10」でモノクロを店じまいしてから、詰らなそうに写真を摂り続けての今回の贅沢な床展への出品。グループ展を含めても2年のブランクがあるのは、やっている事とその内容の低レベルは別としても久しぶりである。
 与えられた環境(面積)の中でそれなりに写真を組んだり構成して一つの作品として発表するのは、とても自己満足的に気持ちが良いもんだ。また、そぞろにでもブラブラと街並みお散歩スナップでもしてみようかと思うようになった。カメラはもちろん、Nikon D800とかではなく、Olympus E-P5。
 15万円のPen Fは良いな、と思うも、EP-5が悪い訳ではないし、まだ2年しか使っていない・・、再来年あたりの還暦祝いとかでカミさんの所望でもしよう・・あ、カミさんも同じ年なので相応に考慮せねばならぬ。何が欲しいのだろうか「iPad mini 3」か?

1 / 4   1 2 3 4