Monthly Archives: 8月 2014

スパム de ブランド品

 2011年にWordpressでブログを設置した時には、待ってました、とばかりにスパム投稿の雨嵐~。
 その時には、有効的なプラグインとかがなかった。あることにはあったのだけど、2バイト文字(日本語とか)には対応していないとか、説明が英語だけだった。
 仕方がないので、自分でフィルターを作ってはじいていた。
 
 先日、Wordpressをアップデートしたら、自作フィルターは当然消されてクリアーされて、アゲイン童貞になってしまった。そうしたら、なんとその2年前にフィルターしたスパム書き込みが数件入ってきた。
 簡易的なプラグインをインストールにてそれらを駆逐したけど、そのスパムメールはこの2年間ずーっと、拙wordpressに投稿しようとアクションし続けていた訳だ。
 ま、パソコンが定期的&自動的にやっているとは言え、2年間もずっと、というのは凄いもんだ。その殆どがブランド品の激安ショップからだ。ご苦労様です、なぁ。

 ブランド云々なんて、日本なら90年代前半で終わっていて、それなら今は韓国や中国がグッドな市場だと思うのだけどね。

トラックパッド

マジック・トラックパッド 過日、マックのマウスが壊れた云々言っていた後、お約束事のようにマジック・トラックパッドなるものをポチッしてしもうた。
 アップル製品ってあまり値引きしないので、何処で買っても同じ風だけど、何故かアマゾンよりもヨドバシが安かった。夜にポチッしたら翌日の昼過ぎにピンポン~、見透かされているぐらいの速攻配送だ。
 Bluetoothで速攻で繋がったが速攻で、あ、だめ、これ使えない、と相成った(涙)。
 appleサイトのレビューを良く見たのだけど、欲しいとなるとネガティブメッセージはあまり目に入らなくなるのだろう。
 でも、使えない、という意見も多いが、素晴らしい!これからはマウス不要!というのも少なくない。

 MacBookのように固定されてしまえば、それで慣れるとも言えるのだけど、デスクトップになれば当然今までマウスがあった右側とかに置くのだが、腱鞘炎の近道になるような負荷が手首にかかる。
 それではとMacBookのようにキーボードの手前中央に置くも、面が大きいのでとても文章などを快適に打つことができない。

 斜めになっているので下に台みたいなのを置けばなんとか使えそうになるのだが、基本的にマウスの軌跡が変だ。変というのは通常にマウスやMacbook Air等の動きとはちと違って手足のように任意な場所にポイントが上手く移動できないところがある。
 
 素晴らしい、とレビューで言っている人がいるので、コツとかがあるのかもしれないけど、いろいろサイトで調べた中ではそれを見いだすことができなかった。うーむ。
 デザインはさすがにappleで素晴らしいのだがねぇ。マウスなどが壊れた時の緊急用・・これで7,000円、今年最初の散財をしてしまったような気がした。

フェロ

フェロ乾燥 来月の写真展では、友達を減らしてしまう恒例のサイン入り写真集即売会もある。AKB48のように希望者がいたら握手もします~。
 今回はその写真集に写真を同封しようかと思った。
 キャビネサイズだし100枚ぐらいあるので手を入ることは難しくオリジナルプリントとは呼べないが、今は亡きバライタ薄手印画紙なのがマニアックモードである。
 何処かでクロロブロマイド(冷黒調)の薄手印画紙が売っているのを聞いたけど、大手印画紙メーカー総てが薄手バライタから撤退したのが2年ぐらい前なので、事実上「絶滅印画紙」である。
 その最後に買った富士フィルムのレンブラントV2/キャビネ250枚があったので、それでプリントした。

 薄手なので自然乾燥ではなくフェロ光沢だ。お約束事的に言えばフェラではなくフェロだ。
 今で言うサービスサイズプリントも、カラーが高価だった昭和40年代までのそのサービスサイズ(手札サイズ)のモノクロプリントがこの薄手プリント+フェロ光沢だった。
 その光沢感は現行光沢印画紙は凌駕しない美しい自然の輝きがある。とは言ってもバライタ薄手印画紙+フェロ光沢は所詮、オールドファッションドラブソングである。また、知る人は分かるけど、そうでない人にとっては、単なるちょっと「しおれた印画紙」でしかないのが悲しいところでもある。
 昨日プリントしたのだけど、その薄手バライタ印画紙でフェロ乾燥したのは、今年で言えば私一人かもしれない(涙)。

 2重露光にて、クレジット「Ken Nakajima(c)」も入れた。
 一昔前の盆暮れにてヨドバシとかでポストカード印画紙を買うと付録でくれた「謹賀新年」、「暑中見舞い」などを焼き込むリスフィルムがあった。今思うと、陽画と陰画の2種類あって芸が細かかった。
 印刷もデジタルになったので、数年前にリスフィルム/コンタクトフィルムというのがなくなってしまった。あるのかもしれないけど、一般的には入手不可能状態である。
 その最後の方にイルフォードの8×10 25枚入(10,000円)のをアメリカの通販から買ったコンタクトフィルムで作った。

 全紙フェロ乾燥機も25万円ぐらいで売っていたが、引伸機同様に売れなくなり最後は50万円になって製造中止。ヤフオクにて1円スタートをしても1円エンドで終わり、たまに見かけるフェロ乾燥機も、出品者の説明が「使い方が分からないので、分かる人の入札をお待ちしております」になっていて、むべなるかな。

 「バライタ薄手印画紙」でyahoo検索すると、いろいろヒットして、その中に「バライタ薄手印画紙 の画像検索結果」というのがあって、いろいろな画像が表示される。
 その大半が、拙サイトからの画像だ。それだけマイノリティ&アナクロになっていることなのだろう。

マッキントッシュのマウス

マイティ・マウスマジック・マウス 白くて丸く、ちょこっと乳首みたいなのが出ている可愛いアップルのマウスが壊れた。買った時は、マイティ・マウスと称していたが、今は何故かアップル・マウスになっている。
 
 壊れたのがその乳首ポッチが全然反応しなくなった。もう数年使っているから仕方がないところもある。その乳首のメンテナンス方法などいろいろ試すがダメ。バラして清掃してもダメ。

 取り敢えず予備で買ってあった、マジック・マウスを使うが、どうも相性が悪い。私にはちょっと小さ過ぎ、乳首がないので数値入力等にて誤動作があるなど。
 いっそ、マジック・トラックパッドにしようか・・。
 最初、トラックパッドは慣れなかったのだけど、MacBook Airからだんだん慣れてきたので・・うーむ、迷うね。と言いながらポチッしちゃったりして。

簡易包装

蒋介石バッグ簡易包装 ショルダーバックが壊れたので、取り敢えず「蒋介石バッグ」を使うと要ったが、1回使っただけでダメだというのが分かった。
仕立てがあまり良くなくほつれ糸もたくさんあった。ま、記念館のお土産屋さんで売っていたものなので仕方がない。

改めてアマゾンで買った。
ターガス 【13インチ メッセンジャー バッグ】
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B009ZQHCII/ref=oh_details_o02_s00_i00?ie=UTF8&psc=1

荷物が届いたけど、茶色のアマゾン段ボールではなかった。アマゾンに委託している業者からだと思うけど、その段ボールには「東芝 ポート拡張ユニット」と記されていた。
誤配かな・・自作PCなんてやっていないアップルユーザだし・・・。開けたら果たして注文したショルダーバッグだった。
余った段ボールを安く仕入れて、商品サイズに合ったのを使っているのかな、と思った。ま、中身が拡張ユニットとかじゃなければ良い訳だ。でも、パッと見はびっくりだ。
過剰包装ではなく、開ければビニールに入っている商品のバックだけだった。モノにも拠るけど、こういう簡易包装は良いもんだ。

1 / 4   1 2 3 4