Monthly Archives: 7月 2014

M.Zuiko 45mm f1.8

 モノクロフィルム用にのべ20年くらい使っていたライカM6だけど、デジタル移行に際し、その代わりとなったのが、デジペンE-P5。
 レンズは、35mm換算で、24mm、40mm、80-300mmズームとある。
 
 過日、台湾の烏山頭ダムに行ったので、その80-300mmズーム(40-150 f4-5.6)を持っていった。同じ夏に北京と大連にも持っていったが、こちらは乾燥していたので、それなりにシャープに写ったが、湿気の多い台湾、かつ水蒸気が舞う水面とかでは、開放値が不統一なズームではやや無理がある。
 webでは、サポートby Photoshopにて全然問題ないけど、モニタ上、等倍で見てA3サイズを予想してみると、あまーり鮮鋭度とかがイマイチだなぁ。

 どうせ同じような作業をするのなら、より良い画質の写真が撮れる方が良いので、改めて中望遠の単体レンズを探した。45mmのf1.8というやつ。90mmになるわけだ。
 新品だと、アマゾン価格で27,000円。ヤフオクで見ると、3,000円ぐらいする純正フード付きで保証期間残り3ヶ月のが24,000円があったので、こちらをゲットした。

 フィルターを探した。
 37mm径だけど、それでもUVとかだと1,000~2,000円ぐらいはする、と思っていたら、498円というのがあった。メーカー名が記されていなくて思いっきり中国製だと思うけど、ま、プロテクターとして思えば、これで充分かも。

 野鳥やサバンナの猛獣等を主に撮るのではなく、普通のスナップなので、35mm、50mm、90mmの3本があれば充分過ぎるわけで、これでロクでもないいつもの私の写真のようなのを量産するとするのなら、確実に「撮影者の腕が低い」になる。

遠近両用メガネ

 中国語の辞書や本を読む時には、見やすいので遠近両用メガネを外して裸眼で見ていたらドライアイになってしまったのが先月。
 仕方がないので処方目薬をさしながらメガネをかけて読んでいた。
 来月の京都行きの予習をしていて、それは古典なのだが、どうも上手く訳せない箇所が散見する。そんなに難しいとは思えない文章なんだけど。

 目薬を点けるべくメガネをはずして、ふと文字を見たら「興」と思っていた漢字が「與」だった。ブヒブヒ~。それじゃいくらやっても上手くゆかない訳だ。「梁」と「粱」も見間違えていた。うーむ、細かいなぁ。
 慌てて近所のメガネ屋へ行って度が1つ強い遠近両用のメガネを作った。これだと裸眼と同じように見え、かつドライアイを少し防ぐことができる。
 アルファベットとかの外国語の方がお年寄り向きかも~。

鰻だよ~。

 あっちこっちのSNSに鰻の写真ばかりがアップされて、いいなー、と思い続けていたら、カミさんが鰻屋で飲み会があるというので「可能なら鰻弁当一つ~!」。
 焼き立てがもちろん一番美味しいのだけど、ちょっと時間が経って常温風になったのも悪くはない、と思うのは、鰻屋のだからかも。
 スーパーとかで売っている鰻を家のオーブンで改めて焼いて食べるのも美味いけど、やはり鰻屋のは冷めても美味い。むしろ微妙に冷めた方が酒の肴に良いかも。
 二段とか「松」とかじゃなくて一番安い「梅」で充分。
 でも、国産にしてね。昨今中国産は怖いよ。無神論者であったとしても、祈りを入れてからじゃないとデンジャラスなのが中国産。
 聞けば、今日の鰻は宮崎産とのこと。
 昔、養鰻の取材で九州に行ったけど、鰻と言えば、東の浜名湖、西の鹿児島&宮崎と聞いた。残念ながら、その東と西の鰻の違いは私には分からない。

 その鹿児島の養鰻所で聞いたのは、鰻はもともと川底の泥の中の微生物とか藻を食しているので土臭いところがあり、その臭いを消す為に山椒があると言う・・あ、なるほど。
 で、天然はあちらこちら泳ぎまくるから身が締まっている。肉で言えばヒレとサーロインとかかな?そこからすれば、鰻はふっくらとしているのが美味しいので養殖の方が美味いとか・・あ、なるほど。

 でも、これは「食べるその人の味の好み」だから、天然か養殖か?は意見が分かれるところでしょう。
 私の場合は、なんでもよいから鰻屋の鰻が一番美味しい派だ~。
 それでも、一番鰻が美味いと思ったのは、築地を本舗とする「宮川」だ。それも重じゃなくて丼だ。銀座4丁目とかの三越(だったかな?)にも入っていたけど、工事していたから新しくできたらどうなのでしょう?丼で2,000円ぐらいだった記憶があるけど、やっぱ逸品だ。

 美味しい鰻も寄って撮ると、腕もあるのかもしれないけど、なんかエイリアンだ。 

KANO

 前にも言ったけど、台湾の映画「KANO」を見たい。
 youtube → https://www.youtube.com/watch?v=PvBvkp-r4C4
 facebook → https://www.facebook.com/Kano.japan?fref=ts

 先週、台湾に行ったので、「KANO」のDVDが欲しい、と在台湾の友人はんちゃんに言ったら、「上映中だからDVDはないよ。今はアンコール上映で金門島でやっているよ」。
 き、金門島っすかぁ・・金門島って映画を見に行くところだったっけ?

 来年1月に日本でも上映することになったけど、おやじが映画館で大泣きするのって末代までの恥になるから、そっとDVDで見たいね〜。
 youtubeのKANO関連のを何十回見ていたりして。

日曜大工もどき

 ベランダに物干し竿を吊るすステー?だけど、先週の台風辺りに沢山洗濯物を掛けていて、その大風に耐えられず支柱の根本からてちぎれてしまった。

 こんなの一般的に売っているのだろうか。ドイトに行ってみても見当たらず、ネットで探してねかれば業者に頼もうと思っていたら、すごいね、ちゃんとヒットした。
 これの名称が全然分からなかったけど、「テラス用吊下げ型竿掛け」と明記してあった。2本セットで送料込みで8,000円。
 ベランダ天板の支柱に10mmぐらいの穴を空けるのだが、ドリルは6mmぐらいのしかないので、数箇所小さな穴を空け、後は6mmのドリルでグィ〜ングィ〜ングィ〜ン~と近所迷惑10分ぐらい。
 これだけがちと大変で、あとはアッと言う間に取り付け完了。業者に頼めば2万円以上はするのでちょっとした節約日曜大工である。

 しかし、私ができるのは蛇口を変えたりとかこの辺まで。
 写真の後輩なんぞは、セルフビルドで自分の家を更地から建てているから、上には上がいるもんだ。

1 / 3   1 2 3