Monthly Archives: 8月 2013

web更新

 ちょこちょこと時間を見つけて以下のを拙webに新着更新。

・万年筆インク iroshizuku
http://www.accitano.com/doc/Album/Estilograficas/?lang=J&que=iroshizuku

・富岡製糸場
http://www.lin.bz/file/topico/2013-2015/?lang=J&paso=1&num=130819

・佛教大学
http://www.formosa.bz/Univ_Bukkyo/?lang=J

サボテン

 娘が小さい時にきまぐれで買ったサボテンは30mmぐらいだったのが今や120mmぐらいになってしまい、途中娘は手入れが飽きてしまい、今や私がやっている。
 とは言え、1週間に1度ぐらいちょっと水をやって日なたに置いておくだけだから楽チンだ。しかし、そのサボテンから家庭菜園とかには行かない。
 難なのは、トゲがあるのでカーテンとか服とかにひっかかって、鉢ごと倒れてしまうことだ。サボテン用の砂漠みたいな砂を入れているから戻すのが大変。
 犬も欲しいな、と気まぐれ的に思うも毎日朝夕散歩させなければならないのがちとおっくうだ。鳥(文鳥とか)も良いのだけど猫がいるからNG。そういう意味では時々ゲロを吐くけど猫は楽だ。

ゴ~ルド

 免許更新にて警察署へ。
 今まで全然気にしたことがなかった、ゴールドと通常の青(ちょっと1-2点ぐらいの違反)の免許書更新の違いが初めて分かった。
 ゴールドだと更新料3,500円ぐらいが3,100円になる。受付のおばちゃんから「おめでとうございます~」と言われる。講習時間の1時間が30分で済む。

 ゴールドのない時に免許を取得したので、ゴールド免許証ってどこかしら恥ずかしさがあった。たいていは車を持っていない、運転しない、下手くそみたいな印象があったからだ。
 今回は、嬉しさはないけどそんな抵抗もなくなってしまった。そんな歳になったということだろう。

 相変わらず、雰囲気が強制的な安全協会への寄付を勧められる。年300円の5年なので1,500円。いつもの通り「あ、けっこうです」とインキンじゃなかったインギンにお断りする。
 殆どの更新者は読まず、読むのは製作スタッフぐらいの講習時にもらった小冊子「交通教本」には、標識の説明や安全運転の心得などが記されている。はるか35年ぐらい前に免許を取った時に貰った小冊子と限りなく同じことが記されていてあまりにも現実に即していない。
 要らんよ心得なんて。心得があるから遠方の免許センターではなく近所の警察著に着ているのだから。そういうところから更新時の小冊子には、新しい制度などが一番重要だといつも思うのだけど、130P内15Pしか記されていない。それもあまり効果のないイラストでページは埋め尽くされている。その分、文字が小さくて分かりづらい。
 バイクも駐車違反の対象になるなんて最近知ったぞ。それも友人から聞いて・・。
 で、その小冊子の編集・発行が交通安全協会。素晴らしい冊子なら3,000円払っても良いのだけど、これじゃなぁ。

 ブランチを済ませ、ケツカッチン気味の卒論テーマ提出に取りかかる。
 ほんとに「食人」が良いなと思った。母校の文教大学の人間科学部とかどっかの人間文化学科とかなら良いと思うけど、文学部だからねぇ。
 無難にありきたり風の魯迅のマイナーな作品群を選んで、それを投函。
 魯迅は著名で中国を代表する作家なんだけど、それなりに読んでみると、日本風に言って、これ、文学っすか?みたいなのが多い。自序伝や随筆、回顧みたいなのも多く、例えば、夏目漱石!とか森鴎外!とかの作品のようにガブリ四つで組めないところがもどかしい。
 どうせなら、卒論を大義名分にして、上海と紹興にある魯迅記念館でも行ってみようかな、などと目論んだりもしている。

大文字焼き

 京都に行ったらちょうど大文字焼きがやっていた。
 大学からテクテク歩いてホテルに戻る時、金閣寺の手前のカーブの道にいつもそんな小山が見えていたけど、まさにそれが5つのうちの1つだった。
 8時15分点火と聞いた。歩いて15分のところだけど疲れて行くのをやめようと思っていたら、ホテルがその為に屋上を開放してくれた。
 6階のその屋上に上ってみたら、おお見えた!でも「大」じゃなくて「下」に見えた・・角度の問題なのだろう。
 近くのコンビニ出かけようとしたら通りは凄い人だかりだが、車もタラダタラと走っている。五ケ所だから交通規制は無理なのだろう。
 改めて気付いたけどホテルの前の道はその大文字焼きと直線だった。
 面白いね、信号が赤になって車が止まると、歩行者一斉に道路に出て写真を撮りまくる。信号が変わりそうになるとお巡りさんがピリピリピリ~。すると歩行者一斉に歩道へ。また信号が変わるとみんな歩道へ。そういうのを30分ぐらいやっていて私も一緒にパシャリ。
 翌日の授業で、みんなが各自のホテル周辺から撮ったのを見せっこをする。
 「大」だけかと思っていたけど、鳥居マークとかいろいろあるのですな。

 昨年の暮から年明けにかけて、そして6月から8月中旬まで続いたスクーリングは殆ど終わりで、残すところ今年の冬にちょこっとだけ。
 面倒臭いテキスト履修も4つ終わり、あと1つ。入学1年目にして殆どの単位を取ってしまいオレ様、凄いぞ!と思ったのは数秒。
 しっかり卒論がおろそかになっていて、テーマを決めて今週中に投函しないと、立派な留学5年生になってしまうのだ。いや、もう遅いかも・・・。

 なんかヒントとかないかな、と卒論や論文をキーワードに検索していたら、なんと「卒論引き受けます」というサイトがあった。
 卒業論文代行サービス:http://www.sotsuron-help.com/
  「○×学部の▼□科なので、それに沿った卒論を」と言うと、まさにその卒論を作ってくれるようだ。1文字10円、因に私のところのは、800文字×20枚なので、16000文字の160,000円。
 頼む人なんているのだろうか?という疑問が即座に起きたが実績紹介とかいうのがあった。

 と思ったら、なんと履修科目のリポートを売っているサイトもある。
 レポートサイトHAPPY CAMPUS!:http://www.happycampus.co.jp/
 こちらもすごくて、サイトメンバーになって自分の提出したリポートを課目内容によって500~1000円で売っている。何故か、佛教大学系のが多い(涙)。残念なのは文学部中国学科のがない~。
 もっとも、文学部中国学科はその後に小論文テストがあるので、レポートぐらい自分で書けないと、とうていその試験に受からないので、レポートを買っても意味はなし。
 
 ビジネスとして、これはこれで良いのだけど、問題は買う方だけどサイトを見てみると意外と少なくない。
 仮にこういうのを活用したとしても、周りには全く影響はないのでどうでも良いのだが、自分に対して恥ずかしくないのか?とつい言ってしまいたくなる。

 こういうのじゃなくて、タイトルだけでもないもんか?と探したら、MAGAZINE PLUS、CiNiiというのを見つけた。
 ここ数日、これを参照してクルシミマス~。

今はお盆?

 毎度の夏の発表会の撮影をしてその注文プリントファイルの作成で、一番安いエプソンのPX-045Aはここ両日15時間ぐらい連続稼働していた。
 壊れるのなら保証期間の今のうちにしてね。
 安いプリンターだから通常のいろいろある光沢紙を使っても差がでない。嬉しいのやら哀しいのやら。
 最高と謳っているクリスピアとその下位の「写真用紙」、もう一つ下位の富士の「画彩」、どれも変わらない、多少違うのだけど色数とその濃度の違いによって明るさが多少違うぐらい。サイズはA5だからそんなものなのかも。
 おまけに印字クオリティも、クリスピア・写真用紙、インクジェット、いずれも同じ。

 インクは怖いので純正を使うが、アマゾンでは、箱のない純正のデッドストックのが安く売っていて、4色セットでその差は500円ぐらい、思わずポチッしてしまった。
 昔は「ポチッ」と言えば、女の子の乳首をつまむこと以外になかったのに、今や通販サイトの決定クリックしか思い浮かばない・・ボッキ〜中島、枯れたか。

 昨夜は根尽きて10時過ぎにちゃぶ台をひっくり返すように「やめじゃ〜!」でワイン飲んでしまったので、今朝は6時過ぎに起きて、1つ残っている大学のスクーリングの予習。
 10時ぐらいに終えて、和風ブランチ。
 目玉焼きは上手くなったなぁ、と自画自賛。生タラコを乗せていただきまーす。
 ぬか漬けや習慣化と相成るが、「マルイ漬物」と比べるとイマヨンだけど、良く漬けるとそれなりに美味い。特にこんなクソ暑い夏には漬かり過ぎたのがより美味く感じる。
 こんな写真、そのままアップすれば良いじゃん、と思うも、カメラマンの性か、Photoshopで見ると、いろいろ気になってしまい、漬物の色や白米の色をもっと・・なんて考えてレイヤーが増えて・・真面目だなぁ。

 娘は、ジャニーズのイベントがあるとか言って朝早くから水道橋へ向かう。
 「何時から?」
 「夕方の6時とかから・・」
 「ええ、なんで、こんな朝から行くの?」
 グッツ販売とかがあってそれが11時から始まるらしい。当然遅く行くと売り切れみたい。
 「とーちゃん、その間の時間、何処へ行ったら良いと思う?」
 「満喫へ行けば。クーラー効いているしフリードリンクだしタバコも吸えるぞ。4時間ぐらいだから1,500円ぐらいじゃないかな。」
 「ええぇ、満喫・・なんか今日は雰囲気が違うなぁ・・」
 上野動物園を勧めたけど、午後になったら「とーちゃん、スカイツリーにいるよん~♪」と写メールが来た。
 このクソ暑いのに、水道橋から業平橋へかぁ・・若いって良いね。
 またショートメールが来て「とーちゃんの好きそうな昼食を食べているよん」
 私が好きなのは、安い定食風のやつで、550円・・へぇ、スカイツリー付近でそんなリーズナブルなお店があるんだね。
 その後「雷門にいるよ~」まるで、はとバスツアーだ。
 その後イベントに参加して戻ったのは10時半過ぎ。

 注文サンプルファイルをメール便した昼下がりの後、写真グループの作品批評の仕事をして夕方、やっとスクーリングの予習。
 相変わらず古典なので、1万円で買った大漢和辞典が随分と役立ち、四角号碼のヒット率も70%を超えるようになり元を取った感じだ。
 
 9時半過ぎに力尽き、冷や奴で一杯。
 たまたま、セロリがあったのでマヨネーズをつけて食べてみたら、なかなか日本酒に合う。好き嫌いの多いセロリだけど、蓼食う虫もナントカで、私は大好きだ。

1 / 3   1 2 3