Monthly Archives: 10月 2011

iPhone 4s

 iPhone 4sが来た。
 ちゃんと同期してあったのに、住所録がブッ飛んだ・・と言おうか、iPhoneの連絡帳や電話帳は同期しているMacの「アドレスブック」を参照しているようだ。ん?WindowsのiTunesだとどうなるんだろう?
 面倒だからかける時、またはかかってきた時に登録しよう。
 
 というのは、住所録だってメール用、と年賀状用、DM用などがあるので、総合住所録(FileMaker)から振り分けたいと思うのだが、FileMaker← → アドレスブックのコンバーターが良く分からないのでそのまま。
 FileMakerのApriもあるけど、1,700円もするので論外〜。

 ジョブスが亡くなる前のiPhone 4sは評判が悪かったけど、考えてみれば、iPhone 3 → iPhone 3sと同じではないか。
 小さな箱を開けると本体とACコードやイヤホンぐらいしかなく、説明書は数ページの中綴じパンフがあるだけだ。
 ギャラクシーとかアンドロイドとかだと広辞苑みたいな厚さの使用説明書がついてくるかもしれない。細かいところはiPhone経由でサポートサイトを見ろ!という意味なんだけど、ま、これはMacintosh Plusからの伝統風?に「自力でやれ」ということだ。
 
 iPhone 4は使ったことがないので分からない。
 iPhone 3Gsから比べると、モニターの解像度がかなり上がったので綺麗だ。文字も滲まなくてすっきり読めてすごく幸せだ。
 カミさんのiPhone 4と比べて見たけど、外観は全く同じで区別がつかない。ジョブスからすればiPhone 4では不十分な何かを加えたのがiPhone 4sなんだろう、ぐらい。

 もともと、あまり使いこなしていないので機種が変わってもそれほど不自由は感じないのが幸いだ。
 電話とブラウザー、とごく一部の人とのショートメッセージぐらい。
 バッテリーの保ち云々は、もともとMacintoshのノートはWindowsのに比べて電池がフニャチンなのであまり気にならない〜。

 というSoftbankも自社?のスマートフォンを出していたのを初めて知った。
 SIM切り替えでの待ち時間にショールームを見ていたら、そういうのがあった。名称失念。
 モニターはiPhoneに比べて一回り大きくて見やすい。3Dが画面があったけど昭和の3D風だぞ、これは?!!
 
 で、そのショールームに置いてあるスマートフォンをいろいろ見て回ったけど、やはりAppleのが洗練され「過ぎている」。
 使い勝手と機能も含まれるから単純にデザインだけが優先されないけど、やっぱスマートフォンはお洒落感のポイントは高い。
 このご時世にWindowsの半角カタカナはねぇーだろうが、という機種もあったSoftbank。

長い1週間

 禁煙して1週間、禁煙治療を始めて10日目。教習所で言えば第一段階の見極めを貰ったところだろうか。
 昨夜は、友人の平賀淳写真展を見に行った。26日の月 → 二次会のニュー浅草。
 みんな煙草スパスパ~、で左右みんなプワ~、さすがにちょっと吸いたいな、なんて思った。

 でもみんないいヤツで「一本、吸ってみる?」というのもない替わりに、あんたはあんた、わたしはわたしで、各自適当に吸っている。不要な気遣いがないのが何よりも嬉しい。
 1週間も吸わないと嗅覚が敏感になる。さすがに利き酒ならぬ利き煙草は無理だけど、「お、これはバニラ系だ、これはチョコレート系だ」ぐらいが分かるようになる。
 で、言うと私はやはりバニラ系が好きなんだな、と思った。いい香りだ。
 
 煙草はダメだけど、葉巻とかパイプは良いのだろうか?とっても大きな疑問だ。
 少なくともパイプは肺まで吸い込まず口の中でくゆらすから・・・???

 という喫煙の理由を探す意味はなく、一緒に貰った「Quit Smoking(禁煙手帳)」をペラペラめくってみる。
 「禁煙すると体重が2~3kg増えます。禁煙により味覚が改善され食欲が増す他、喫煙の替わりにお菓子などを食してしまうからです」。
 おお、これはヤバいよ。
 今、177cmで67kg代をキープしていて69kgまでは仕方のない許容範囲としている。
 週末、ゴルフやサイクリングとかして周に2~3回の飲酒ならこれでも十分に健康だけど、毎日でも飲みたいとこからすると、この体重じゃちとヤバい。少なくとも177cm 65kg以下をキープしなければ、好きな時に好きなぐらい酒が飲めなくなってしまう。
 酒も煙草もダメとなると、何を楽しみに生きてゆくのか?

 幸いなのは、喫煙していたので間食の習慣が皆無、口元寂しい時は大人のおしゃぶり禁煙パイポを加えてスーハースーハー。
 取り敢えずは根性で3ヶ月の禁煙プログラムを頑張ると。
 で、その後3ヶ月(来年のGW前)に70kgを超えてしまったら、喫煙再開などもちょっと考慮に入れると。
 
 その察しには「禁煙に慣れてきてから、食事と運動で徐々に減量すれば良いでしょう」・・・簡単に言うよなぁ。
 体重が増えるのまでは考えていなかったなぁ。

ある日のこと

 311地震の後に、すぐにGoogleが、Person Finder (消息情報): 2011 東日本大震災(http://japan.person-finder.appspot.com/) というのを作ったのは凄いと思った。
 石巻に一人知り合いがいたので、ここの情報を載せたら、数週間後に誰かから無事中学校の体育館に避難されている、との情報を貰った。
 石巻出張時にはたいてい立ち寄っていた居酒屋「まんまる亭」のマスターとママさんだ。

 そして昨日土曜日、朝早くからクロネコヤマト。眠いぞ。
 荷物を見たら笹カマで、差出人はあのマスターからだ!よーくわが家の住所が分かったなぁ、家ごと流されてしまったのに・・。
 手紙が入っていて、7ヶ月に及ぶ避難所での生活を終えてやっと仮説住宅に入居できた、とのこと。良かったねぇ~。
 その住所を見たら、あれ?また旧北上川の川沿いだ。
 いくぶん奥まった蛇行している川沿いで、ここなら同じような津波が来ても1mぐらいだろう。

 携帯番号が記してあったけど、何回も電話しても出ないので仕事に出かけた。
 その間に電話がありカミさんが応対。お初なのにマスターとママさんと交互にお話ししたみたい。
 でも必ず「こちらからかけますから~」と何度も言っていたらしいので、仮設住宅での電話事情はまだ通常ではないようだ。
 
 以下、カミさんから聞いた要約。
 のんだくれのマスターと思っていたけど、常に地震と津波のシミュレーションをしていたようで防災グッツなどもちゃんと常備していたそうだ。
 で、マスターの頭の中では地震の10分後に津波が来ると思っていたようだ。
 近所の人たちを促して川向こうの丘に登ったそうだ。今回予想外な大きな津波だったけど到着まで20分あったので、ちゃんと準備ができていて逃げようとしていた人達の生存率は高かったのではないかと言っていた。
 
 家は全て流されたと言っていた。
 それはそうだ。河口近くの中洲(地名は中瀬)だもの。唯一、石ノ森章太郎記念館が残ったのは新築だからでは?
 マスターはその記念館の横のハイツに住んでいた。
 お店「まんまる亭」は避難した丘の麓辺りの繁華街にあり、手紙では津波の高さが2m30cm・・すげー、想像付かないなぁ。
 社交辞令にて「今度、仮設住宅に泊まりに来てください」と記してあったので、一度行ってみようかしらん。
 何十回も行った石巻だけどプライベートではまだ一度も行ったことがない。いいね・・でも、仙石線開通しているのかしらん~?
 
 カミさんが「被災者から物をもらっちゃったねぇ・・」
 そうだよなぁ、逆だよね。
 取り急ぎ、昔町並みを6×9でスナップしたのがあったので、それをスキャン → プリントして送ってあげよう。
 
 笹カマは、わが家では一般家庭のカニとかウニに匹敵するぐらい大争奪戦が始まり、袋にマジックで「とーちゃんのだ!」とか記さないとすぐ喰われてしまう。
 製造を見たら石巻市になっていて、やっと漁とか加工業が再開したんだな、と思った。
 鈴廣のカマボコと同様、プリッとした噛み応えのある笹カマは美味い!

雨がホワホワ

 禁煙5日目。
 かなりおだやかになった分、ちょっとイライラしたり血圧の上がるコトガラに遭遇すると、とても吸いたくなる。過信禁物。まだ、たったの5日目だ。
 
 閑話休題。
 サイトネタを作成しているところからの抜粋。
 中国語教室の友人に勧められて、現代書館発行、相原茂著「中国語のある風景・雨がホワホワ」というエッセイ本を読んでみた。
 真面目に買うと2,000円なのでアマゾンの中古で探したら、本体190円+送料250円=合計440円があった。
 
 この中でタイトルのように中国では「雨をホワホワと降ってきた」というらしい。擬声語がホワホワなんだけど、文字は「嘩嘩(huāhuā)」。文字化けしたら失礼、口偏に華という文字。
 どうも信じられなくて、中国語の先生に聞いたらやはりそのように言うらしい。
 「それじゃどういう雨の時をホワホワ、と言うの?」
 「普通のジャーの雨の時」
 雪や霧雨とかなら分かるけど、あのジャーの雨がホワホワねぇ・・中国を知るのはとても遠い道のりだと思った。

 
 どうなるとあの雨の情景音(擬声語)がホワホワに聞こえるのだろうか?文化の違いの根源ってこういうところからなのかしらん。

イベリア便り

 禁煙4日目。
 普通は1週間ぐらい辛い日々が続くのに、かなーり楽だ。禁煙経験が豊富だからか?
 で、言えば初日が一番辛かった。
 今は薄っぺらな弱い意思でも禁断症状を乗り越えられるようになった感じ、がする・・。
 
 閑話休題。
 過日の拙本Time To Timeの打ち合わせのあった在神楽坂のパート2。
 
 「数年後の還暦祝いで、またスペインに行こうか・・・」
 「また」、というのは、サナサナが50歳のあたりにちょっとした不幸が続き、その感傷を含め50歳記念旅行で一緒にスペインに行ったことがある。結果的に私が49歳になった時で、それが今のところ最後のスペインになってしまった。4年もご無沙汰。
 さなさなの還暦なら3年後かな。ちょうどTime To Time vol.10の前の年だ。

 その50歳記念旅行の写真展が、二人で贅沢な床展に参加した2005年の「Time To Time イベリア便り」 。
 http://www.accitano.com/doc/Exhibiciones/ZeitakunaYuka/TTT_Andalucia/?lang=J&num=0
 
 いつものようにアンダルシアに行き、グラナダのエミリオにサナサナを紹介する。
 エミリオが「ケン、何処へ行きたい?」と聞くので、
 「いつものペペの会員制クラブ・プラテーロ(だったかな?)に行きたい」と言った。
 行ってみたら、会員、またはその連れではない日本人とかもいて???聞けば、金曜日だけは一般公開とからしい。
 その中でサナサナよりもちょっと上の世代の日本人夫婦がいて声をかけたら、タクシーの運ちゃんにカタコトの英語で喋ったらここに連れてこられた、とのこと。
 エミリオを紹介して一緒に食事することになり自己紹介。
 私とサナサナは夫婦とかではなく友達です、と言ったら変に気を回されてしまって、いや、そうじゃなくってホントのホントの「普通」の友達デス、というのを説得するのにかなーり時間がかかった。
 完璧に誤解が晴れたのは前回のTime To Time展の時だ。はぁ。
 
 そんな昔話をしながら写真と詩を並べてあれやこれや順番を考える。
 良いと思うも詩との組み合わせや、写真だけでの組みから最後の最後に漏れてしまったのが数枚あったのでその中の3枚を記念にアップ。

 ということを記していたら、よりスペインに行きたくなった。
 今の禁煙ができれば、シャルルドゴール空港までの13時間なんて朝飯前の朝立ちだ!!