Monthly Archives: 6月 2011

マック病

 無性にMacBook airが欲しい〜。

 夏に MacOS 10.7のライオンが出る。
 さすがにこの時期、ガツーンと一括払いができない。どっちにしろメモリー4GBのUSキーボードとなるのでアップルサイト経由必須。割高感あるなぁ。
 そのアップルストアを見ると、おお、7/20まで12回払いまで金利1%キャンペーンをやっている。
 つまり在庫処分して、ライオンに合わせた新しい機種が出る事、かなりの確率で間違いなし。

 そのライオンの新機能を見てみると http://www.lifehacker.jp/2011/06/110610howisioslion.html
 トラックパッド操作をより進化させてiPadやiPhoneのような使い方ができ、デスクトップ等のインターフェースもそれらに類似してきた。
 
 そして、ライオンのOS供給がDVDとかではなくサイトからDLになった。
 一度買ってしまえば同じアカウントとかなら何度でもDLできるけど、これって、インターネット環境がないとダメということ?
 つまり、iCloudと併せて今後のアップルはインターネットに繋がって何ができるかというのがパソコンと、捉えているように感じた。
 なんかiPadやiPhoneを主体にして考えているようなOS風。

 私にとって新機能は取り立てて必要がないので、ここでガツンと買うか?それとも新製品が出てから安めの中古とかを探して買うか?
 7/20までなのでそのギリギリまで待って・・・待てないところもあるなぁ。

 取り立てて今のMacBookには不満がないのに、何故か新しいのを欲しくなってしまう”マック病”だ。
 

ドラクエだよ。

 あいや、ドラクエの基本中の基本、ドラクエ1〜3がリバイバル復活する・・のが9/15。
 おおお、感動です。
 http://www.dragonquest.jp/25th/history/

 オリジナルは1986年5月発売。
 初めて飛行機に乗って初めて海外に出かけ、それがスペインだった年。
 その暮ぐらいだったかな、ドラクエ1をやってハメた、じゃなかったハマった。

 9/15発売だから私の誕生日プレゼントとしてカミさんに買って貰おうっとか?

 ルーラーもなく、たった一人で戦うシンプルなドラクエ1が一番好きなんだけど、これを改めてWiiでできるとは思わなかった。
 LV50までやるのなら、ドラクエ1が2週間、2が3週間、3が1ヶ月。
 
 今年の秋は楽しみだなぁ。

アメブロ

 タイトルと全然関係ないけど、届きたての糠味噌は美味く、今日のキュウリも美味かったのがパシャリ。
 でもって夜のつまみは、何故かフライと天ぷら。
 しっかり味付けしたチクワの磯部揚げとウズラのフライがこれまた何故か昔から大好きだ。
 台湾の屋台にも串に刺したウズラのフライが売っていて良く食べたりもする。

 設置したアクセス解析がちゃんと稼働しているからチェックしていたら、拙サイトとブログを紹介してくれていたブログを見つけた。
 拙サイト、ちょうど内部リニューアルしていて、URL変更のお知らせを含めお礼コメントを入れようとしたら「会員じゃないとレスできないよ〜ん」と言われてしまったのがアメーバーのブログ、通称「アメブロ」。
 この投稿形態は設定でいろいろできるみたいなのは後で知った。

 ま、無料なので取り敢えず入会して・・マイプロフィールなどを設定していたら、あれま、mixiと似たようなインターフェース。
 やはりmixiもブログだったんだ・・・「つぶやき」もあるから、一応ツイッターだ。知らぬ間にやっていたのね、おおお。
 何故かfacebookにも入ったいたりして(笑)。
 アメブロにも「なう」とかいうのがあって、これもツイッター風。
 
 アメブロのインターフェースは全体に丸みを帯びていてティーンエイジャー向け風で良く言えば可愛い、悪く言えばガキっぽい。
 それで言えば、まだmixiの方が用語などもPC関連から継承されていて分かりやすい、と感じた。

 ま、アメブロもfacebookも、ここで記したのをそのままコピペすれば超簡単〜・・・と思いきや、そうはイカのキンゴロウとかで、思いの外、面倒なのでmixiと拙ブログのみ〜。
 そうそう、fecebookの方は、メインのメルアドがハネられた。admin@ や info@等がNG。差別だぞ、これは(笑)。
 
 中国語で良く「微博(ウェィブォ)」というのが出てきて???
 ブログは「博客」または「部落格」だけど、この「微博」は、マイクロブログ → ツイッターの総称のようだ。
 ツイッターは「推特」と言うらしい。ふ〜ん。

ある日のこと

 灼熱のサハラ砂漠モードの車内で運転しながら帰宅したら夕方だった。
 1300ccのデミ坊なのでクーラーの効き具合はフニャチンで戻る頃にやっとやっと効き始めたかな、ぐらい(ダメじゃん)。
 
 西向きの我が工房に入ったら、ここも灼熱のサハラ砂漠だった。
 クーラーをかけようと思うも、夜の中国語教室にもう1時間もないのでクーラーをかけずにシャワーを浴びる。
 最後に水温を下げたシャワーを浴びて体温を下げる。

 その教室は浦和駅前にあるパルコの最上階、実質11階にある。
 今年1月から勧められて階段で登るようにしている。
 最初は登りきった時にはしばし動く事ができなかった。1ヶ月で慣れると思ったけど年齢からか3ヶ月かかった。
 スピードは無視してそのまま登りきることだけに終始し、変わらず5分ぐらいをキープしているけど、やっと最近、登りきってもそのまま歩く事ができるようになった。

 が、夏の事を考えていなかった。
 それなりの運動量があるので、クーラーは効いているとは言え、節電で設定温度が上げられ上に行けば行くほど階段スペースのクーラーの効きは悪くなる。
 授業が始まって30分ぐらいまでは、タオルを首にかけてウチワをパタパタ〜状態。

 一昨日の日曜日は、中国語検定があった。
 仲間が、4級と3級を受けたけど、どうもダメだったようだ。
 4級は自己採点で57点なので、基準値が下がり和訳にプラスが付けば合格かもしれなり。
 3級の方は受かって当然の人なのだけど、たまたま悪い条件が重なって自己採点50点の確実NGモード。でも、当人、その悔しさがバネになって次回へのリベンジに盛り上がっていたから今回の不出来は逆に良かったのかもしれない。
 
 そんなところで授業が終わって近所の中華料理屋「天天香」にて残念会及び復活会。
 
 マスターは中国青島付近出身で、以前大連の「東北菜館」という飯屋で食べたツマミの話題になった。
 市販のポテトチップをトウガラシで炒めた「香辣土豆片」。
 プロ中国人コックはこういう家庭料理を作るのはメンツとして嫌がるそうだけど、ここは日本、ということで、作ってくれた。
 
 もちろん小池屋のポテトチップとかをではなく、ちゃんとジャガイモをスライスして揚げて・・と手の凝ったもの。
 大連のその辺のあんちゃんがバイト感覚で作ったものとプロが作ったものでは雲泥の差があるけど、場合によってはそのチープさが美味しいと感じる時もあったりもするので、直線的な比較はできないが、いや、さすがプロ、という美味さはあった。
 
 大きなトウガラシのスライスしたのを揚げたのがあるが、それほど辛くはない。
 聞けば、一晩お湯に浸けておくと辛さが抜けるそうだ・・勉強になった。
 
 iPhoneで撮ったのでPhotoshopで調整するのに苦労した。
 それでも限界があって、デジペンで撮った大連の香辣土豆片」の方が美味しそうにみえる〜。

関東も梅雨明けだよ!

 昼過ぎから写真教室があり明け方は曇天梅雨空だったので午前中はのんびり中国語でも勉強しようかな、と思っていたら、いきなり9時ぐらいから晴れてきた。
 それも思いっきり狂ったギンギンギラギラ夏モード〜。

 主夫カメラマンはいきなり洗濯の準備・・・なんか哀しいぞ。
 ここ数日天気がすぐれず洗濯ものはてんこ盛り。なんとか洗濯機に詰めてスイッチを入れたら「入れ過ぎだよ、バ〜ロ〜」と言われたように動かない。
 小分けにして3回も洗濯をした。いや、したのは私ではなく洗濯機だけど。
 中国語のCDを聞きながら洗濯干したり洗い物をしたり、自分の食事を作ったり・・・主婦ってほんと忙しくて大変なんだねぇ。
 一応、洗濯の乾燥機と食器洗い器があるのだけど、これだけは私は苦手だ。やった分だけの効果があまり得られないからだ。
 
 乾燥機は電熱で乾燥するのだけどやたら時間がかかり、食器洗い機はそれぞれチェックしないと拭き漏れがあったりして面倒。
 それなら天気が悪いのなら部屋に干す、食器はスポンジで洗う方が割り切り的精神衛生上良いと感じる。

 さすがに粥が飽きたので白米を炊く。
 味噌汁は一番シンプルな豆腐、好みでちょっと刻みネギを入れる。
 3度目の正直のヌカもできあがったので。お初は大好きなカブだ。
 キュウリ、ナスはこの時期なので冷蔵庫内で一晩、カブは1日半。
 最初に届いたマルイ漬物のヌカで作ったのはまろやかさと香りがあって毎度ながら美味〜。
 これをどこまで続けられるかがヌカ漬けの最大のポイントかも。
 
 しょっぱいと言えばしょっぱいのだけど、それなら塩分を減らすより量を減らす方が私にとってこれまた精神衛生上宜しい。
 キュウリ、ナス、カブなどは半分ぐらいが一食分。
 それでも冬は塩分少な目、夏は大目の方が漬物には合うような気がする。
 ナスも美味いのだけど、結構漬け具合の時間がデリケート、キュウリは40年くらい前の品種とは違うので、これまた時間に厳しく、下手をすると「瓜喰ってんのかぁ?」になる。
 ウリっぽいキュウリってシャキシャキ観がなくフニャチン風なので好みとしてはイマイチ。

 クーラーの効いたところで写真教室があり、こういう日に外で仕事をしている人は大変だなぁ、なんて思っていて、教室が終わって車に戻ったら、ちょこっと窓を開けておくのを忘れていたので車内は灼熱のサハラ砂漠モード。
 
 塩分と水分をちゃんと摂らないと熱射病になるぞ〜、みたいな熱気。
 

1 / 5   1 2 3 4 5