Author Archives: Ken

喪中はがき

 喪中はがきの詳細は全然知らなかったと言える。
 まず年賀状を書くだろう時期の前に出さなければならないので11月末日必着らしい。
 文面はいろいろひな形があるので良いのだが、宛名はどうもラベル印刷では宜しくない印象を受ける。年賀状とかはOKなのだが、この辺喪中は厳しい。
 また、その宛名も縦書きだ。文面を横書きにすれば宛名も横書きでOKなのか、良く分からない。が、何百枚も縦書きをするのはウルトラ難度Cである。何百枚もあるので宛名印刷でのインクジェットプリンターだって面倒だ。
 
 町の印刷屋へ行けばやってはくれ、宛名も手書きしてくれるのだが、行って注文して後日サンプルを確認する為にまた行き、そして最後に引き取りにゆくプロセスが思いっきり面倒なのは、たいていそういう店には専用駐車場なんてないからである。

 幸い、時々利用する「http://www.printpac.co.jp」に喪中はがき受付中があり、宛名は.cvsファイルを添付すればOK。が、アップロードすると何回トライしてもエラー表示のオンパレード。どうやらWinXPに合わせただけの仕様みたいだ。iPhoneが席巻している昨今、Win or Macなんてないと思うのだけど。
 再度ネットで検索してみると、似たような方法による「https://mochu.fumiiro.jp/?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc&utm_campaign=yccというのがあった。喪中はがきなんた季節モノなのに、喪中ハガキ専用サイトというのが良く分からないけど、ちゃんとやってくれれば問題ないので注文した。
 これらの良いところは、400の宛名に対して500枚頼むと100枚宛名のないのを印刷してくれるところである。官製葉書ではなく私製葉書にして500枚で1万円ちょっと。

 古い年賀状の切手があるので、これを使おうと思うも、喪中はがきの場合は、それ専用の切手があるらしく、それ以外の切手は宜しくないみたいだ。
 フレキシブルな祝賀系に比べ、葬祭系はどこまでも保守的である。
 翌年の年賀(状)を遠慮するお知らせをする風習なんて世界広しと言え、日本ぐらいじゃないだろうか。中華系、スペインなどのカトリック系のクリスマスカード等、聞いたことがない。

一段落の軽自動車

 「マイカー」とか「オレの愛車」とかいうのは、他にねぇのか愛○×とか、と思っていた時があるのは家から離れたところに駐車場を借りていたからなのかもしれない。
 玄関先に車があるとどうでも良い何かを取り付けたりしたりと足げに通うようになり、なんだ私もオレの愛車ゴッコしているじゃん、と思った。

 と言うよりも、スペアータイヤがないと運転していても何処かしら不安である。なくてもJAFとかでレッカー移動してくれれば済むのだけど、それでも割り切ることができず、やはりスペアータイヤを取り付けることにしたが、それに合わせたラゲッジスペースの蓋を作成するのに数日要してしまった。
 タイヤと蓋の空間をどのようにして埋めるか、そしてその強度などを試行錯誤し、ちょっと部品を揃えてはまたホームセンターへを繰り返す。新品のタイヤと自作の蓋で10,000円ぐらいだったので、純正の45,000円を考えれば、ちゃんとできて何よりである。

 不安と言えば、アイドリングストップもストレスがたまる。私の場合だけど。
 エンジンが止まる場所ではないところで勝手に止まるのはとても不安だ。そして、次にちゃんとセルがかかるのかどうかの不安と期待が常につきまとう。今ほど車が良くなかった昔、そんなトンでもない場所でエンジンが止まりセルもかからなかった経験が何回かあったのが思いっきりのトラウマになっているからだと思う。慣れた人は気にならないと思うのだけど、私はダメだ、「昔の人間」に成り下がってしまった感じだ。

 拾う神もいたりで、アイドリングストップキャンセラーなるものが売ってはいるのだけど、これだと車検が通らない。その時だけそれをキャンセルする機能が付いてはいるのだが、2年ごとじゃその機能の方法やon/offを忘れてしまいそうなので、エンジンをかける度にそれをoffにする癖をつけているところである。
 アイドリングストップを使用すると楽にリッター25kmを超えるようだけど、私はオフにしているので街乗りリッター17km、十分である。エコはドライバーの義務じゃないので気にしない。こういうのは電気自動車にお任せすべきだと思うからである~。
 
 取り敢えず納車から1ヶ月もかかってしまったけど、車のマイ調整は一段落で安堵。後は気まぐれ風に季節ごとに1~2回洗車をすれば良いくらいだな。

一段落のMac

MacPro

 新しいMacPro、何故かBluetoothが繋がらない。
 3種類試した中でMagic Mouseだけが繋がったので返品交換にはならず、使い慣れたLogicoolのM557が使えないのが辛い。仕方がないので同じLogicoolの700円ぐらいの有線マウスを買って一時をしのぐことにした。
 メモリーも増設しようと8GBを買ったら、6コアは16GBまでしか認識しないことが後になって分かり8GBが無駄になった(涙)。予備としてとっておくぐらいだ。

 前のDVDレコーダーは間違って、台湾のリージョンコードになってしまったので、台湾用のサブ内蔵レコーダーを探すことにした。相変わらず時々「KANO」など台湾映画を見るので。

 新しいMacProの中古が来たので前のMacProをしまう。
 今までのタワー型Macは全てヤフオクとかで再利用していたけど、今回のは10年経っているので頑張っても1万円にもならずMacBook同様墓場まで持ってゆくことにした。
 現行のゴミ箱MacProに比べたらデカくて重たく、箱だけでもそれなりの重さがある。未開封未使用のAppleキーボードもあるけどカナなのでヤフオクに出しても1,000円にもならないのでこれも一緒に箱に入れ綺麗に納まったところで横を見たら、綺麗に納まったばーちゃんの骨壷が置いてあった。

中古のマックです。

Mac Pro (Mid 2012)

 拙サイトにブログがあり、facebook上ではそのブログにリンクを張っているのだけど、そのブログのWordpressから「お使いのブラウザーは古いです」と言われ、おめーに言われたくはねぇよ。しかし、こういうのが出ると新しいMacを考えなければならなくなるのは、インターネットが一般的になってからの風物詩と言えるかもしれない。

 今のMac Proは、2008年に買ったので来年で10年目だ。
 最新のを買うのには大きな問題が一つあって、それはadobeソフトで、2014年のMacOS X Yosemite辺りからかDVDを買うのではなくクラウド経由とかで年間リース風になり、Photoshopは12,000円、illustratorは28,000円と毎年払う金額としては、illustratorだけとしてもプロのデザイナーとかではない限りかなりの出費だと思う。
 大して使いこなしていないPhotosohpやillustratorだけど、illustratorは印刷用DTPファイルを作成するので重宝している・・・Photoshopでもトンボ付けたりレイアウトできると聞いたので、そっちで頑張るとか?

 そんなところから、Photoshop CS6/DVDがインストールできる2013年までのMarvericksの2012年のか2013年の黒いゴミ箱Mac Pro。黒いゴミ箱の方は中古でも20万を軽く超えていて数も少ないので2012年のをゲット。タワー型の中古は初めてかも。10万円だからお買い得と思いたい。

 2008年のは2.8GHzの4コアで、2012年のは3.33GHzの6コアなのでそれなりに早いぞ、と思いきや、大した変化はなく、ちょっとだけ。 adobeソフトに重労働をさせるとより変わるのかもしれないが、今のところ軽作業ばかり。
 Macを買い替える時は外観やインターフェースが違っているのだけど、今回はまったく同じなので買い替え観がイマイチなのがちと寂しい。

「ディエゴと再会」

「ディエゴと再会」

 30年来のスペインの親友ホアキンがなくなった。私に、生まれ変われるのなら絶対スペイン人だ、と思わせ続けてくれた人だ。享年69歳、合掌。
 以前飼っていた猫ルルデの名前の由来である妹のルルデから今朝メールがあり、手術をしたけどダメだったと。簡素なメールばかりなので詳細は分からぬが亡くなったことだけは分かった。事細かに知らせるゆとりなどはないのだろう。
 3日前にメールが来て…. en hospital muí grabé bueno un beso.。「病院で録音してとても良かった。またね」とか意味不明?と思ったら、grabé じゃなくって graveで「重体」または「危篤」の意味じゃないか。あわわ。
 再度ルルデから詳細聞いて、今週末にでも3泊5日で馳せ参じようと思っていたのだけど、それでも間に合わなかった訳だ。残念。
 
 ばーちゃんの命日が10月7日で、ホアキンが17日。見知った人の訃報は今年だけでもう4人目だ。あと2ヶ月半で今年が終わるけど、さすがにもうないだろう。
 で言えば、私のスペイン人の友達は運悪く良く亡くなり、ホアキンでこれまた4人目だ。それも70歳前後でだ。私と仲良くなるとロクなことにはならない、と思われないことを願っている。

 写真は、グループ展に出品した「ディエゴと再会」から。
 娘が生まれる1年前、たまたま運良く年末のチケットが取れたのでカミさんと一緒にホアキン家族に会いに行った時のもの。
http://www.accitano.com/doc/Exhibiciones/Colectiva/Diego/?lang=J&num=1